1 - プロジェクトを設定する

First Person Shooter プロジェクトの設定方法を学びます。

Windows
MacOS
Linux
参照

SectionResult.png

このセクションを終了したときに、このような画面になります。

目標

このセクションでは、ファースト パーソン シューター プロジェクトを設定する方法を説明します。

目的

このチュートリアルのこのセクションを完了すると、次のことができるようになります。

  • 新規プロジェクトを設定する

  • エディタのスタートアップ マップを設定する

  • プロジェクトを Visual Studio で開く

  • 1.3 - ログ メッセージングを追加する

  • 最初の C++ クラスをコンパイルする

  • デフォルト ゲーム モードを設定する

ステップ

  • 1.1 - プロジェクトを設定する

  • 1.2 - プロジェクトを Visual Studio で開く

  • 1.3 - ログ メッセージングを追加する

  • 1.4 - - プロジェクトをコンパイルする

  • 1.5 - - デフォルトのゲームモードを設定する

  • 1.6 - セクション 1 のまとめ

1.1 - プロジェクトを設定する

このステップでは、Unreal Engine のプロジェクト ブラウザを使用して、ファースト パーソン シューター (FPS) ゲームの出発点を作成します。

  1. Unreal Engine を Epic ランチャーから開き、新規プロジェクトを作成します

  2. 新規プロジェクトのカテゴリの Games (ゲーム) をクリックして [Next (次へ)] をクリックします。

  3. [Blank] テンプレート を選択して [Next (次へ)] をクリックします。

  4. プロジェクト タイプを [C++] ([Blueprint (ブループリント)] ではなく) に変更し、[No Starter Content (スターターコンテンツ無し)] を設定するようにしてください。

  5. プロジェクトに「FPSProject」と名前を付けます。

    FPS_ProjectSettings.png

    異なるプロジェクト名を付けた場合は、このチュートリアルのコード サンプルの一部を変更する必要があります。

  6. プロジェクトに名前を付けたら、先に進み、[Create Project (プロジェクト作成)] ボタンをクリックします。

  7. プロジェクトが作成されると、自動的に Unreal Editor が開きます。ここで [Play (プレイ)] ボタンをクリックして、プレイ イン エディタ (PIE) モードに入ります。

    ClickPlayButton.png

    W、A、S、D の各キーでレベルの中を動き回り、カメラの向きをマウスでコントロールします。

  8. [PIE] Esc キーを押すか、またはレベル エディタの [Stop (停止)] をクリックして、PIE モードを抜け出します。

    ClickStopButton.png

  9. レベルをいろいろ触ったと思うので、コンテンツ ブラウザ (通常は画面の下側) に移動して「Maps」フォルダを「Content」フォルダの下に作ります (「Content」フォルダを選択して、その中のどこかを右クリックして [Folder] > [New Folder] を選択)。

    MapsFolder.png

  10. [File (ファイル)] メニューから [Save as... (名前を付けて保存)] を選択して、「Maps」 フォルダをクリックします。レベルに「FPSMap」と名前をつけて [[Save (保存)] をクリックします。

    SaveLevelAs.png

  11. [Edit (編集)] メニューで、 [Project Settings (プロジェクト設定)] をクリックします。

    EditProjectSettings.png

  12. [Project Settings] タブの左側にある [Project (プロジェクト)] の見出しで、[Maps & Modes] をクリックします。

    ProjectMaps_Modes.png

  13. [Editor Startup Map (エディタのスタートアップマップ)] ドロップダウン メニューを展開して、[FPSMap] を選択します。

    EditorDefaultMap.png

    以後、エディタでは FPSMap がデフォルトマップとして自動的にロードされます。

  14. 最後に [Project Settings (プロジェクト設定)] メニューを閉じて、プロジェクトを保存してから次のステップに進みます。

1.2 - Visual Studio でプロジェクトを開く

前のステップで 基本コード プロジェクトを設定したとき、Unreal Engine により ゲーム モード が作成されています。ゲーム モードではゲームのルールと勝利の条件を定義します。ゲーム モードではゲームのルールと勝利の条件を定義します。このゲーム モードではさらに、一部の基本ゲームプレイ フレームワーク タイプ (Pawn、PlayerController、HUD など) で使用されるデフォルト クラスも設定します。このセクションでは、エディタを使用して、プロジェクトを Visual Studio のソリューションとして開き、プロジェクトのゲーム モード クラスを表示できるようにします。

  1. [File (ファイル)] メニューを展開して、[Open Visual Studio (Visual Studio を開く)] を選択して、C++ コードを Visual Studio で開きます。

    FileMenu_OpenVS.png

  2. Visual Studio でプロジェクトが起動されると、.cpp および .h ファイルが Visual Studio の [Solution Explorer (ソリューション エクスプローラー)] で確認できます。

    VS_SolutionExplorer.png

    Visual Studio のこのサンプル イメージが使用しているものと少し異なる場合でも、心配ありません。ダーク モードを使用しているからです。次のとおり設定できます。[Tools (ツール)] > [Options (オプション)] > [Environment (環境)] > [General (全般)] > [Color Theme (配色テーマ)]

  3. [Source (ソース)] を展開し、[FPSProject] を選択して、新しいゲームのメイン ファイルを表示します。

  4. 「FPSProjectGameModeBase.cpp」を開きます。次のようなファイルです。

    // Copyright Epic Games, Inc.All Rights Reserved.
    
    #include "FPSProjectGameModeBase.h"
  5. Now open FPSProjectGameModeBase.h.このようになります。

    // Copyright Epic Games, Inc.All Rights Reserved.
    
    #pragma once
    
    #include "CoreMinimal.h"
    #include "GameFramework/GameModeBase.h"
    #include "FPSProjectGameModeBase.generated.h"
    
    /**
     * 
     */
    UCLASS()
    class FPSPROJECT_API AFPSProjectGameModeBase : public AGameModeBase
    {
        GENERATED_BODY()
    };
  6. C++ プロジェクトを Visual Studio で開いたので、コードをプロジェクトに追加する準備ができました。

1.3 - ログ メッセージングを追加する

プロジェクトへのコードの追加を開始するにあたって、まずログ メッセージを FPSGameMode に追加することをお勧めします。ログ メッセージは、開発中にコードを検証し、デバッグするのに非常に便利です。このステップでは、ログ メッセージを使用して、実際に FPSGameMode が使用され、Unreal Engine で提供される、デフォルト ゲーム モードではないことを確認します。

FPSProjectGameMode ヘッダー ファイル

  1. [Solution Explorer] で、[FPSProject] > [Source] > [FPSProject] の順に展開します。

  2. FPSProjectGameModeBase.h をダブルクリックして、FPSGameMode クラスのヘッダ ファイルを開きます。

    InterfaceFile.png

  3. クラスの宣言は以下のようになります。

    UCLASS()
    class FPSPROJECT_API AFPSProjectGameModeBase : public AGameModeBase
    {
    GENERATED_BODY()
    
    };
  4. AFPSProjectGameMode コンストラクタの宣言で以下の関数の宣言を追加します。

    virtual void StartPlay() override;

    この関数宣言により StartPlay をオーバーライドでき、ゲームプレイを開始したとき、ログ メッセージを画面に出力できるようになります。

  5. FPSProjectGameMode.h は以下のようになります。

    // Copyright Epic Games, Inc.All Rights Reserved.
    
    #pragma once
    
    #include "CoreMinimal.h"
    #include "GameFramework/GameModeBase.h"
    #include "FPSProjectGameModeBase.generated.h"
    
    /**
     * 
     */
    UCLASS()
    class FPSPROJECT_API AFPSProjectGameModeBase : public AGameModeBase
    {
    GENERATED_BODY()
    
    virtual void StartPlay() override;
    };
  6. Visual Studio にヘッダー ファイルを保存します。

FPSProjectGameMode CPP ファイル

  1. [Solution Explorer]FPSProjectGameModeBase.cpp を見つけます ([FPSProject] > [Source] > [FPSProject])。

    ImplementationFile.png

  2. FPSProjectGameModeBase.cpp をダブルクリックして、FPSGameModeBase クラスの実装ファイルを開きます。

  3. ここで次のコード行をファイルに追加します。

    void AFPSProjectGameModeBase::StartPlay()
    {
    Super::StartPlay();
    
    check(GEngine != nullptr);
    
      // Display a debug message for five seconds. 
      // The -1 "Key" value argument prevents the message from being updated or refreshed.
      GEngine->AddOnScreenDebugMessage(-1, 5.0f, FColor::Yellow, TEXT("Hello World, this is FPSGameMode!"));
    
    }

    StartPlay() はゲームプレイを開始したとき、新規デバッグ メッセージ ("Hello World, this is FPSGameModeBase!") を画面に黄色の文字で 5 秒間出力します。

  4. FPSProjectGameModeBase.cpp は次のようになります。

    // Copyright Epic Games, Inc.All Rights Reserved.
    
    #include "FPSProjectGameMode.h"
    
    void AFPSProjectGameModeBase::StartPlay()
    {
    Super::StartPlay();
    
    check(GEngine != nullptr);
    
    // Display a debug message for five seconds. 
    // The -1 "Key" value argument prevents the message from being updated or refreshed.
    GEngine->AddOnScreenDebugMessage(-1, 5.0f, FColor::Yellow, TEXT("Hello World, this is FPSGameModeBase!"));
  5. CPP ファイルを Visual Studio を保存します。

1.4 - プロジェクトをコンパイルする

ここでプロジェクトをコンパイルして、コードの変更がゲーム内に反映されていることを確認します。

  1. エディタに戻って [Compile] ボタンをクリックしてコードをコンパイルします。

    CompileProject.png

    プロジェクトを C++ プロジェクトとして開発しているので、CPP コードを Unreal Editor から直接コンパイルできます。

  2. [Play (プレイ)] ボタンをクリックして、[Play in Editor (PIE) (エディタでプレイする(PIE)) ] モードに入ります。

    PIE_DefaultGameMode.png

    PIE モードに入ったとき、画面にログ メッセージが表示されない理由が気になると思います。ログ メッセージが表示されない理由は、開発のこの段階では、エディタがまだデフォルトのゲーム モードを使用しているからです。

  3. [PIE] モードを終了するには、レベル エディタで Escape キーを押すか、[Stop] ボタンをクリックします。

C++ Game Mode クラスをブループリントに拡張する

ここで C++ Game Mode クラスをブループリントに拡張します。C++ クラスのブループリントへの拡張についての詳細は、「

[](Gameplay/ClassCreation/CodeAndBlueprints)
」 リファレンス ページを確認してください。

  1. まず、「Content」フォルダ内に「Blueprints」フォルダを作成します。

    BlueprintsFolder.png

  2. FPSProjectGameModeBase クラス (「C++ Classes (C++ クラス)」 > 「FPSProject」 ) を右クリックして、[C++ Class Actions (C++ クラス アクション)] メニューを開きます。

  3. Create Blueprint class based on FPSProjectGameModeBase をクリックして [Add Blueprint Class] ダイアログ メニューを開きます。

    CreateDerivedBPClass.png

  4. 新しい Blueprint クラスに "BP_FPSProjectGameModeBase" と名前を付けて、「Blueprints」フォルダを選択してから、[Create Blueprint Class] ボタンをクリックします。

    AddBPClass.png

  5. ここまでで、新規作成した BP_FPSProjectGameModeBase Blueprint クラスが「Blueprint」フォルダの中にあるはずです。

    AddedBPClass.png

  6. BP_FPSProjectGameModeBase ブループリントを保存してからブループリント エディタを閉じるようにします。

1.5 - デフォルトのゲームモードを設定する

新たに修正したゲームモードをブループリントに拡張したので、このステップでは、プロジェクトでデフォルトの Game Mode として BP_FPSProjectGameModeBase を使用するように設定する必要があります。

  1. [Edit (編集)] メニューを展開して、[Project Settings (プロジェクト設定)] をクリックします。

  2. [Project Settings] タブの左側にある [Project] の見出しで、[Maps & Modes] をクリックします。

  3. [Default GameMode (デフォルトのゲームモード)] ドロップダウン メニューを展開して、[BP_FPSGameModeBase] を選択します。

    SettingFPSGameMode.png

  4. [Project Settings] メニューを閉じます。

  5. レベル エディタのツールバー で、[Play (プレイ)] ボタンをクリックします。ビューポートの左上隅に "Hello World, this is FPSGameMode!" と黄色のテキストで 5 秒間表示されます。

    SectionResult.png

  6. [PIE (Play In Editor)] モードを終了するには、レベル エディタで Escape キー を押すか、[Stop] ボタンをクリックします。

1.6 セクション 1 のまとめ

FPSProjectGameModeBase.h

    // Copyright Epic Games, Inc.All Rights Reserved.

    #pragma once

    #include "CoreMinimal.h"
    #include "GameFramework/GameModeBase.h"
    #include "FPSProjectGameModeBase.generated.h"

    /**
     * 
     */
    UCLASS()
    class FPSPROJECT_API AFPSProjectGameModeBase : public AGameModeBase
    {
        GENERATED_BODY()

        virtual void StartPlay() override;

    };

FPSProjectGameModeBase.cpp

    // Copyright Epic Games, Inc.All Rights Reserved.

    #include "FPSProjectGameMode.h"

    void AFPSProjectGameMode::StartPlay()
    {
        Super::StartPlay();

        checkGEngine != nullptr);

          // Display a debug message for five seconds. 
          // The -1 "Key" value argument prevents the message from being updated or refreshed.
          GEngine->AddOnScreenDebugMessage(-1, 5.0f, FColor::Yellow, TEXT("Hello World, this is FPSGameModeBase!"));

    }

これで終了です。ここでは、以下の方法について学習しました。

✓ 新規プロジェクトのセットアップ
✓ Visual Studio でプロジェクトを開く
✓ ログ メッセージをプロジェクトに追加
✓ 初めての C++ Class のコンパイル
✓ デフォルトのゲーム モードの設定

次のセクションで独自のキャラクターを実装する方法を学習する準備ができました。

Select Skin
Light
Dark
Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信