2.1 - タイムライン アニメーション

高度なブループリントのサンプル レベルの概要、サンプル 2.1:タイムライン アニメーション

Windows
MacOS
Linux
このページ中

blueprint_advanced_2_1.png

BP_Timeline_Ball ブループリントは、イベントグラフで基本的な タイムライン を示します。これは、パーティクル エフェクトをスポーンするタイムラインに沿った任意のポイントでイベントをトリガーして、自動的に再生およびループします。

イベント グラフ

フルサイズ表示するには、右クリック し、[Save As (名前を付けて保存)] を選択します。

  • Timeline ノードはコンポーネント自体に実際に影響は及ぼしませんが、再生しながら変化値を出力し、それを、コンポーネントをアニメートするために Set Relative Location などの Lerp ノードへ渡します。

  • タイムライン内部のイベント トラックは、そのイベント トラックがキーを持つと、Bounce Timeline ノード上の一致する実行ピンを発行します。この場合、イベント トラックはいつボールがバウンスしても、パーティクル エフェクトをスポーンするために使用されます。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信