クロスのコンテンツ サンプル

クロスのコンテンツ サンプルで提供されるサンプルの概要

Windows
MacOS
Linux
参照
このページ中

コンテンツ サンプル プロジェクト内の Cloth マップは、各種クロス アセットの作成および操作方法を説明します。このマップでは、受ける風の影響をシミュレートするクロスの作成方法、各種マテリアル タイプ (シルクやレザーなど) に見せるプロパティ、クロスがオブジェクトやそれ自体と交差しないようにするクロス コリジョン設定の他、プレイ可能なキャラクターが身に着ける布地のサンプルが含まれています。

Cloth マップ

Cloth_Topic.png

Cloth マップで提供されているサンプルは以下の通りです。

サンプル

内容

1.1 Apex Cloth と WindDirectionalSource

WindDirectionalSource に影響を受ける Apex Cloth アセット を持つ SkeletalMesh (風に吹き飛ばされる旗をシミュレートするクロス アセット) です。

1.2 Apex Cloth のプロパティ (インポート)

様々なプロパティをもつ Apex Cloth アセットは様々なタイプのクロスをシミュレートするための設定です (黄麻布、シルク、ゴム、ヘビーレザーのマテリアルがシミュレートされます)。

1.3 Apex Cloth のコリジョン

クロスをシミュレートしない スケルタルメッシュ の 1 部と、クロスが交差しないように Capsule Rigid Bodies を使ってコリジョンするサンプルが 2 つ入っています。

1.4 BackStop

ウェイトが置かれているボーンによってクロスの移動可能距離を決定する、もう 1 つのクロス コリジョンの方法 (パフォーマンスはこちらの方が良い)

1.5 Latch to Nearest

この機能は Unreal Engine から取り除かれました。4.15 以前のバージョンで利用できます。

他の 頂点 の移動を操作する頂点を定義し、「より密集」またはより複雑なジオメトリを作成します (重いクロスまたはクロスにアタッチされたポケット)。

1.6 セルフコリジョン

クロスが移動中にそれ自体と交差しないようにする セルフコリジョン を有効または無効にするサンプルです。

1.7 クロスとプレイ可能なキャラクター

キャラクターにアタッチされたクロスを実演するプレイ可能なキャラクター (動作に反応するクロス コートとネクタイを身につけたプレイ可能な Owen)。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信