1.1 - デカールの基本

デカールのサンプル レベルの概要、サンプル 1.1:デカールの基本

Windows
MacOS
Linux

1.1 - デカールの基本

デカール はレベル内のスタティックメッシュやスケルタルメッシュを含むメッシュに投影されるマテリアルです。こうしたメッシュには、静的または可動の可動性の設定がありますが、デカールはこうしたメッシュに投影されます。ほとんどのデカールは極端にパフォーマンスを低下させずに一斉にレンダリングすることができます。スクリーン スペースのサイズが大きくなり、シェーダー命令カウントが増えるとパフォーマンスが低下します。

Deferred Decal アクタは、 [Modes (モード)] パネルの [All Classes (全てのクラス)] タブから直接追加することができます。その後、新規のマテリアルを作成して マテリアル ドメイン のプロパティをマテリアルの [Details (詳細)] パネルで Deferred Decal へ変更します。その後、マテリアルを Decal アクタへ適用します。

DecalActorList.png

Decal アクタはワイヤー フレームボックスとして表示されます。デカールの投影方向を示す矢印が常に中央に表示されます。

Decal_arrow.png

デカールに対する投影距離は、デカールのスプライトを囲むボックスの X- 軸のスケーリングによって決まります。サーフェスがこのボックスの領域範囲に近づくと、デカールが消えていくブレンディングがあります。

DecalFadeaway.png

上の画像では、サーフェスが Decal アクタから遠くに離れすぎると背面の壁へのデカールの投影は、ブレンドして消え始めます。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback