1.1 - CPU と GPU スプライトパーティクルの比較

エフェクト ギャラリーのサンプル レベルの概要

Windows
MacOS
Linux

image006.png

アンリアル・エンジン 4 で利用可能なパーティクル タイプの 1 つに GPU スプライト があります。最初に CPU 上でスポーンされるパーティクルですが、その後、全てグラフィックカードで処理及び演算処理されます。GPU で演算処理をするため、何千もの多くのパーティクルを一度に処理できるのが利点です。高密度でより詳細なパーティクル システムを実現します。

最初にとてもシンプルな 2 つのパーティクルの噴水をお見せします。ひとつは一般的なCPU パーティクルスプライトで作成し、もうひとつは GPU スプライトで作成したものです。GPU パーティクルを使用した右側の噴水は、もうひとつの噴水よりもはるかに多くのパーティクルを出力していることがわかります。

CPU と GPU スプライトの挙動は似ていますが、いくつかの重要な違いがあります。CPU パーティクルで利用できるいくつかの機能は (ライト エミッション、Material パラメータの制御、Attraction モジュールなど)、GPU パーティクルでサポートされていません。しかし数字を見る限りでは、GPU でサポートが無い機能があってもそれを十分に補うものです。 GPUSprite TypeData は数万から数十万のパーティクルをパフォーマンスに深刻な影響を与えることなくスポーンします。これにより、降雪、雨、火花等のエフェクトをもたらす方法が大きく変化します。 これらのパーティクルを使用するにはエミッタヘッダ下の空スペースを 右クリック して、 Type Data > New GPU Sprites の順序で選択します。

image008.png

GPU パーティクルをサポートしないモジュールがいくつかあることを忘れないでください。エミッタで互換性のないモジュールを使用している場合、モジュールは赤でハイライト表示されます。詳細は、GPU スプライト タイプのドキュメント をご覧ください。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback