1.3 - エミッタの初期位置の GPU パーティクル

エフェクト ギャラリーのサンプル レベルの概要

Windows
MacOS
Linux

image014.png

このサンプルは後方にトレイルを残しながら中心点を移動する 3 つの球体を表しています。このエフェクトでは、他のパーティクルの位置からパーティクルをスポーンする必要があります。これは Emitter Initial Loc モジュールを使用して処理します。これは指名されたエミッタか、らパーティクルの位置でパーティクルをスポーンします。つまりエフェクトの作成には以下の 2 つのエミッタを使用します。

  • Lead_sphere: このエミッタは Point Attractor モジュールによってエフェクトの中央を飛び回る 3 つの球体を作成します。

  • Trails: このエミッタは Lead_sphere エミッタでパーティクルの位置で発生するトレイルをスポーンします。

image016.png

Location モジュールに関する詳細は、 Location モジュールのドキュメント をご覧ください。

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信