1.4 - Point Gravity モジュールを使用した GPU パーティクル

エフェクト ギャラリーのサンプル レベルの概要

Windows
MacOS
Linux

image018.png

このエフェクトでは Point Gravity モジュールを紹介します。Point Gravity は GPU パーティクルと互換性がある唯一のモジュールです。このモジュールを使用して、エミッタの全パーティクルが引き寄せられる空間内のポイントを指定することができます。Point Gravity モジュールは、CPU パーティクルのみと互換性のある Point Attractor、Line Attractor、そして Particle Attractor モジュールの代わりになります。Point Gravity モジュールでは位置、半径、強さを設定する必要があります。

PointGrav.png

このエフェクトには以下の 2 つのエミッタがあります。

  • ひとつは GPU スプライト エミッタでエフェクトで可視化できるほとんどのパーティクルを作成し、Point Gravity と Collision (Scene Depth) が含まれています。

  • もうひとつは、標準の CPU エミッタです。いくつかのパーティクルだけを放射しますが、Light モジュールも使用し、パーティクルはシーンを照らす動的ライトをスポーンできるようになります。

Attractor モジュールに関する詳細は Attractor モジュールのドキュメント をご覧ください。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信