2.2 - グローバル ベクターフィールド経由のパーティクル動作の操作

エフェクト ギャラリーのサンプル レベルの概要

Windows
MacOS
Linux

image050.png

グローバル ベクターフィールド は前のサンプルで紹介したローカル ベクターフィールドに似ていますが、エミッタ内のモジュールではなく、レベル内への配置が可能で必要に応じて位置調整や編集ができるアクタです。ローカル ベクターフィールド同様に、GPU パーティクルはパーティクルがフィールドのボリューム内に存在する時にベクターフィールドの力のみに影響を受けます。

グローバル ベクターフィールドの設定は、レベルにベクター フィールドボリュームを配置して、エミッタに Global Vector Field モジュールを追加するのみです!これで完了です!

このサンプルでは、レベルでベクターフィールド (VectorFieldVolume1) を選択して Y 軸に沿って移動させることができます。パーティクルはフィールドを通過しながら、その動きはフィールドの影響を受けています。

image052.png

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信