2.4 - イベントとレシーバーでスポーンするパーティクル

エフェクト ギャラリーのサンプル レベルの概要

Windows
MacOS
Linux

image060.png

複雑なパーティクル エフェクトで、役立つ機能の 1 つに Event Generator モジュールがあります。このモジュールでは、パーティクルのライフスパンに渡って発生するさまざまなイベントタイプを指定することができます。またこれらのイベントを使用して、全く異なるパーティクル エフェクトをスポーンすることもできます。利用可能なイベントには、パーティクルのスポーン、消滅、コリジョン、バーストや、Level ブループリントで生成されるイベントまでもが含まれます。

このケースでは、別のパーティクルを作成するためにパーティクルの消滅を使用します。花火を作成するには、ドロップダウン リストからイベントのタイプを選択して名前を付けます。

image062.png

次に EventReceiver Spawn と名付けられた別のモジュール (2 番目のエミッタ) を使用すると、以前生成されたイベントに基づきパーティクルをスポーンできるようになります。

image064.png

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信