5.3 - Lightsource Length

ライティングのサンプル レベルの概要、サンプル 5.3:Lightsource length (反射への影響)

Windows
MacOS
Linux

5.3 - Lightsource Length

このサンプルでは、反射面に対して Source Length を使用してみます。Source Length の目的は、光を伸長させたり、チューブのような反射形状へ変化させて、まるで蛍光灯から出ている光のようにすることです。光は、一点から放射されているかのように計算されることに留意してください。効果は反射光の範囲内に現れます。

Source Length はライトの Y 軸に沿って実行します。ライトを回転させれば Source Length も回転します。また、ライトの選択時にライトから広がる黄色い線で Source Length を可視化することができます。ライトを回転させると Source Length はローカルスペースの X 軸に沿って伸びますが、ワールド スペースではライトは軸に沿わない場合があります。

SourceLength.png

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信