1.10 - World Position Offset

マテリアル ノードのサンプル レベルの概要、サンプル 1.10World Position Offset.

Windows
MacOS
Linux

1_10_WPO.png

World Position Offset 入力は、マテリアルによるメッシュの頂点のワールド空間での操作を有効にします。オブジェクトの移動、形状の変更、回転、その他のさまざまな効果に実用的です。アンビエント アニメーションなどに実用的です。

クリックしてフルサイズで表示

上記ネットワークは、らせん運動と上下への波打ちをオブジェクトに対して同時に実行し、ダンスをしているような動作を引き起こします。

World Position Offset を使用して元の範囲を超えてオブジェクトを展開する時、オクルージョン カリングは元の範囲を使用していることに留意してください。つまり、カリングおよびシャドウイング エラーが発生するかもしれません。メッシュのプロパティの Scale Bounds プロパティを設定して調整してください。ただし、パフォーマンスの妨げとなりシャドーイング エラーが起こる可能性があります。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信