1.4 - Roughness

マテリアルノード サンプル レベルの概要、サンプル 1.4Roughness.

Windows
MacOS
Linux

1_4_Roughness.png

Roughness 入力値は、その言葉通りマテリアルのラフネス (粗さ) の度合いを制御します。ラフなマテリアルはスムーズなマテリアルと比較して、より多くの方向へ反射光を散乱させます。 この効果は、反射のぼやけ具合やはっきり加減、 もしくは広域またはタイトなスペキュラ ハイライトとして見ることができます。値 0 のラフネス (スムーズ) はミラー反射、値 1 のラフネス (ラフ) は完全な艶消しまたはディフューズ (拡散色) となります。

ラフネスは、サーフェスに最も物理的なバリエーションを加えるためにオブジェクトに頻繁にマッピングするプロパティです。

RoughBias_12.png

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信