1.8 - Opacity Mask

マテリアル ノードのサンプル レベルの概要、サンプル 1.8Opacity Mask.

Windows
MacOS
Linux

1_8_OpacityMask.png

Opacity Mask は Opacity と似た入力ですが、Masked Blend モードを使用した場合のみ利用できます。Opacity と同様に 0.0 から 1.0 の間の値を受け取りますが、 Opacity と 異なる 点は、グレーのさまざまな描画は結果的に表示されないという点です。Masked モードにすると、マテリアルは完全に表示または非表示のどちらかになります。ワイヤーメッシュ、チェーンでつながれたフェンスなど、複雑な固体表面を定義するマテリアルが必要な時に理想的な解決法です。不透明部分はいまだにライティングを尊重します。

Opacity Mask Clip Value プロパティをベースの Material ノードに使用して、クリッピングが生じる場所を制御することができます。詳細は Material Blend モード を参照してください。

クリックしてフルサイズで表示

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信