1.1 - アクタのレプリケーション

ネットワーク機能のサンプル レベルの概要、サンプル 1.1: アクタのレプリケーション

Windows
MacOS
Linux

1_1.png

サーバークライアント の両側から見るために、[Play] ダウンリストで、 [Number of Clients (クライアント数)] フィールドを 2 に設定します。

ここでは、アクタに Replicates boolean を使用する例を紹介します。有効にすると、ネットワーキングの視点からサーバーでスポーンされたアクタをクライアントが認識することができます。

以下のように、 Replication セクションの下にある [Defaults (デフォルト)] タブで、アクタをレプリケートするか、しないかを設定できます。

1_1_Replicates.png

Level ブループリント

プレイ セッションになると、2 つのアクタが Level ブループリント を介してスポーンされます。

1_1_LevelBlueprint.png

Switch Has Authority ノードを使用して、ネットワーク権限を持つマシン上 (ほとんどのユースケースでは、サーバー) または、リモート マシン (ほとんどのユースケースではクライアント) のいずれかでスクリプトが実行されているかをチェックします。

このサンプルでは、サーバーのみで実行されており、スポーンされた 2 つのアクタのうちの 1 つはレプリケートに設定されていて、もう 1 つはレプリケートに設定されていません。以下の画像のように、サーバー側では両方のアクターを見ることが可能であり、クライアント側ではレプリケートに設定されているアクタだけを見ることができます。

1_1_Play.png

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback