1.6 - 角度モーター

物理のサンプル レベルの概要、サンプル 1.6:物理コンストレイント角度モーター

Windows
MacOS
Linux

physics_1_6_001.png

角度モーター を持つ物理コンストレイントは基本的にスピンしますが、問題はスピンの 仕方 です。角度モーターである Driven by Velocity は、一定の力を適用して基本的にスピンさせます。一方、 Driven by Position は、スプリングのサイズと、そのスプリングに適用された減衰に基づいて角度を取得しようとします。

physics_1_6_002.png physics_1_6_003.png

実際にはオブジェクトではなくコンストレイントがスピンさせていることは分かりにくいかも知れませんが、オブジェクトのうちの 1 つがシミュレーションしないため、他のオブジェクトを強制的に動かします。赤いキューブ上で [Simulate Physics (物理をシミュレート)] を有効にして、揺れ方を見てみます。

physics_1_6_004.png

赤いキューブ上で [Simulate Physics] を有効にすると、キューブが部屋の中を移動します。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信