1.7 - 線形モーター

物理のサンプル レベルの概要、サンプル 1.7:物理コンストレイント 線形モーター

Windows
MacOS
Linux

physics_1_7_001.png

PhyiscsConstraint 上で線形モーターを有効にすると、2 種類のいずれかの方法で、アタッチされている物理シミュレーション オブジェクトを軸に沿って動かすことができます。

1 つ目は、 Linear Position Drive でコンストレイントの位置に相対的な位置を取得する方法です。スプリングのようなものだと考えてください。スプリングは静止位置を取得しようとします。圧縮でも伸張でも、押したり引いたりすることで静止位置を取得しようとします。Linear Drive SpringLinear Drive DampingMaximum Spring Force で、どのくらい迅速に、どのくらい弾んでスプリングが静止ステートを取得するのか定義できます。

Linear Velocity Drive (直線速度ドライブ) は、コンストレイントの位置から特定の方向に力を適用します。シミュレーション中のオブジェクトは、コンストレイントの長さに達するまで、コンストレイントから遠ざかります。逆向きの力を使って、コンストレイントされたオブジェクトをまとめて引き寄せます。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信