1.5 - アンビエント キューブマップ

ポストプロセスのサンプル レベルの概要、サンプル 1.5:アンビエント キューブマップ

Windows
MacOS
Linux

1_5_01.png

アンビエント キューブマップ (Ambient Cubemap) は与えられた画像からシーンを照らします。画像は遠くにある球へマッピングされています (あらかじめブラー処理がされた画像に格納されたミップマップと一緒にキューブマップ テクスチャとして実装されています)。 ブラー処理がされた画像は、さまざまな光沢 (はっきりした反射 vs.ブラー処理がされた反射) を放つスペキュラ ライティングで使用できるように計算されています。これはディフューズ ライティングにも使用できます。 このエフェクトはマテリアルが照らされている位置とは無関係です。ビューアーの位置、マテリアルのラフネス (スペキュラ エフェクト)、そしてマテリアルのサーフェス ノーマルの全てが設定に考慮されています。

アンビエント キューブマップのローカル空間のシャドウイングはかなり制限されます (SSAO のみ)。空のライトを表現する場合は スカイライト を変わりに使ってください。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信