Eye-Dome Lighting を有効にする

Eye Dome lighting を有効にして、輪郭を強調して奥行きを出す方法を説明します。

Windows
MacOS
Linux
On this page

Eye-Dome Lighting (EDL) は、近くにあるオブジェクトをグループ化し、それらの輪郭に影をつけ、奥行きを出すことで、点群内でオブジェクトの形状を際立たせるライティング モードです。EDL はポストプロセス マテリアルとして実装されており、動作にはポストプロセス ボリュームを必要とします。エンジンのライトソースは一切使用しないため、Unlit レンダリング手法で使用することができます。

EDL はアンビエント オクルージョンと併用することができますが、画像が極度に暗くなる可能性があります。

手順

  1. [Modes] タブ > [Volumes] カテゴリ > [Post Process Volume] から Post Process Volume にアクセスします。

  2. ポストプロセス ボリューム (PPV) をレベルにドラッグして新しいインスタンスを作成します。

  3. レベル内で新規インスタンスを選択し、[Rendering Features (レンダリング機能)] カテゴリへスクロールします。[Post Process Materials] を展開して + アイコンをクリックして新規追加します。ドロップダウン メニューから [Asset reference (アセット参照)] を選択します。

    Post_Process_Material.png

  4. [View Options][Engine Content][Plugin Content] を有効にして視覚化します。

  5. 新しいドロップダウン メニューから以下の 2 つのオプションのいずれかを選択します。

    • M_PP_EDL_MainPass - EDL を点群だけでなく、レベル内の各オブジェクトに適用します。点群要素の表示のみ行う場合は、このオプションを推奨します。

    • M_PP_EDL_CustomPass - Custom Depth Pass を使用しているオブジェクトのみに EDL を適用します。この設定は [Advanced (詳細)] セクションの [Rendering] にあります。点群、その他のメッシュに適用することができます。選択した技術に適用する場合に推奨するオプションです。 [Custom Depth Pass (カスタム深度パス)] を有効にするとパフォーマンス負荷が発生します。

  6. EDL をレベル全体に適用するには、PPV で [Infinite Extent (Unbound) (無制限)] オプションを有効にします。

    Unbound.png

結果

EDL がレベルに適用されました。レベル内のオブジェクトの輪郭への変化と、それに伴う深度感覚の向上に注目してください。

LiDAR_PPV_BugEye.png

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback