DMX ブループリント ツール

正規化された属性値、機器 パス ブループリント関数などの DMX ブループリント ツールの情報です。

Windows
MacOS
Linux
前提トピック

このページは以下のトピックへの知識があることを前提にしています。まず以下のトピックの内容についてご確認をお願いします。

以下の ブループリント ツールは DMX データの取得、設定、管理に便利です。

属性値を正規化する

DMX データを管理するために int や byte ではなく float を使用したい場合、正規化ツールを使って int/byte値と float の間で変換を行うことができます。以下は属性の例です。

Float から Int へ

dmxblueprinttools1.png

Int/Byte から Float へ

dmxblueprinttools2.png

Begin/End Play で機器 デフォルト値を設定する

Begin/End プレイで機器をデフォルトにリセットする方法例です。Get Attribute Default Map ノードと Send DMX ノードを使って、ユーザーはすべての機器を開始位置にリセットすることができます。

dmxblueprinttools3.png

複数の機器を参照する

1 つ以上の機器への参照を取得するには、機器 パッチ リファレンスの配列を戻すインクルード ゲッター関数の 1 つを使用することができます。その後、for loop を使ってすべての機器 パッチを送ります。以下の画像は例です。詳細は Blueprint API を参照してください。

dmxblueprinttools4.png

リファレンス例 1

dmxblueprinttools5.png

リファレンス例 2

機器 パッチ BP 関数

機器 パッチ リファレンスの中にはユーザーのデータ管理に役立つ数多くのヘルパ関数があります。以下の画像は例です。詳細は Blueprint API を参照してください。

dmxblueprinttools6.png

タグ
Select Skin
Light
Dark
Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信