DMX エディタ ボタン

DMX モニタリング ツールおよび出力ツールのDMX エディタ ツールバー ボタンに関する情報

Windows
MacOS
Linux
前提トピック

このページは以下のトピックへの知識があることを前提にしています。まず以下のトピックの内容についてご確認をお願いします。

モニタリング ツールおよび出力ツール

DMX のモニタリングと出力のツールDMX Toolbar Button にあります。

dmxeditorbutton1.png

DMX 出力コンソール

DMX 出力コンソール はプロジェクト実行前のテスト用のエディタ ツールです。出力コンソールを使用してカスタム フェーダを作成し、DMX を、指定プロトコルで複数の ユニバースチャンネル に出力します。

さらにこのツールを使用して、DMX を送信していることと、フィクスチャとコントローラーが Unreal Engine から出力を受信していることも検証できます。出力コンソールは重要なデバッグ ツールでもあり、予期しない反応がある場合に対応できます。

フェーダを更新する場合、クリックして、プロパティを変更し、[Update Selected Fader (選択済みフェーダを更新)] ボタンをクリックします。

DMX の送信を開始するには、チェックボックスがオンであることを確認し、値を変更するためにフェーダをクリックしてドラッグして、動かします。チャンネルがコントロールする対象がわからない場合は、フィクスチャのマニュアルをチェックしてください。

dmxeditorbutton2.png

プロパティ

説明

Add Faders

フェーダ数とユニバース/アドレスの入力値で定義されるフェーダ セットを追加します。

Remote Universe

すべての追加フェーダの送信先になるユニバース。

Starting Address

[Add Faders] がクリックされたときに追加される、最初のフェーダのアドレス。

Number of Faders

追加するフェーダ数で、それぞれのアドレスは Starting Address から順にインクリメントします。

Master Fader

すべてのフェーダに設定値を送信します。

Sort Faders

出力アドレス順にフェーダを整列します。

Name

フェーダのカスタム名。

Max

最大出力値を設定します。デフォルトは 255 です。

Min

最小出力値を設定します。デフォルトは 0 です。

Uni.

このフェーダの送信先のプロトコル ユニバース。

これはリモート ユニバースで、ローカル ユニバースではありません。Global Universe Offset は、UI に反映されていませんが、出力にこの値が追加されます。

Adr.

割り当てユニバースに対して、フェーダが送信するアドレス。

Protocol

データの送信にこのフェーダで使用するプロトコルの種類。

Macros

出力のテスト用のプリセット マクロ。

Affected Faders

マクロの影響を受けるフェーダ。[Selected] または [All] を選択できます。

Sine Wave

ウェーブ アニメーションをフェーダに適用します。

Max

フェーダに相対最大値を設定します。

Min

フェーダに相対最小値を設定します。

対象のフェーダの各プロパティに適切な値を入力し、[Add Faders] ボタンをクリックして、新しいフェーダを作成します。

DMX チャンネル モニター

DMX チャンネル モニター は、DMX の入力と出力を視覚化するためのデバッグ ツールです。モニターは、Unreal Engine が指定ユニバースとプロトコルに対するデータを受信したとき、情報を表示します。DMX が Unreal Engine から送信されたときも、表示されます。表示されるのが明るい色であるほど、高い値を受信したことを示します。

現在は、視覚化できるのは単一のユニバースですが、将来は、複数のユニバースで受信した DMX を視覚化します。

プロパティ

説明

Protocol

リッスンする対象のプロトコルを選択します。

Remote Universe

選択プロトコルでリッスンするリモート ユニバースを指定します。

Clear Values

すべてのチャンネル UI を 0 にクリアします。

dmxeditorbutton3.png

DMX アクティビティ モニター

DMX アクティビティ モニター は、指定ユニバースに対するフィルタを使用することなく、DMX の入出力を視覚化するためのデバッグ ツールです。アクティビティ モニターは、各ユニバース内で変更されている値と DMX を現在受信しているユニバースを表示します。

プロパティ

説明

Protocol

リッスンする対象のプロトコルを選択します。

Universe Range

選択プロトコルでリッスンするユニバースの範囲を指定します。

Clear Values

すべての UI 要素を 0 にリセットします。

dmxeditorbutton4.png

DMX 受信の一時停止

エディタで受信する DMX パケットをすぐに一時的に無効にします。

これは、ライティング ボードから DMX シーケンス トラックをレコーディングした後、同じトラックを再生するとき、追加の DMX パケットが競合しないことを確認するときに特に便利です。

DMX 送信の一時停止

エディタで送信する DMX パケットをすぐに一時的に無効にします。

これは、シーンまたは DMX プロジェクトの編集を試すときに、ハードウェアフィクスチャをアニメートする必要がない場合に、特に便利です。

タグ
Select Skin
Light
Dark
Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信