コンフィギュレーション ビューア

Unreal Editor を使って nDisplay クラスタを視覚化およびデバッグします。

Windows
MacOS
Linux

nDisplay Configuration and nDisplay Topology ビューア を使って、コンフィギュレーションで定義した nDisplay セットアップをツリー階層として 3D ビューポートの中で視覚化することができます。Cluster ノード、画面定義、プロジェクション ポリシー、ビューポート、同期ポリシーはすべてそれぞれの [Details (詳細)] パネルで UI に公開されます。見やすく、編集しやすくするために、このビューアを使って、nDisplay コンフィギュレーション ファイルを JSON 形式に変換することもできます。

現在 nDisplay コンフィギュレーション ファイルは、JSON 形式から元のテキスト形式に戻すことはできません。両方ともファイル形式は nDisplay クラスタを構成するには有効ですが、元のテキスト形式は今後のリリースにおいて非推奨となり、新しい JSON ファイル形式に変わります。

ビューアを開く

以下の手順に従って、Unreal Editor で nDisplay コンフィギュレーション ファイルを開きます。

  1. NnDispaly コンフィグ (.cfg) ファイルを Unreal Editorコンテンツ ブラウザ にドラッグ アンド ドロップします。この例では、nDisplay Template プロジェクトにインクルードされた wall_curved_3x2.cfg コンフィグ ファイルを使用しています。ファイルはプロジェクトの「Content/ExampleConfigs」にあります。

    Dragging the wall_curved_3x2.cfg file into the Content Browser in the Unreal Editor

  2. 新規作成された Display Cluster Config アセットをダブルクリックして nDisplay Configuration and nDisplay Topology ビューア を開きます。

次のセクションで、ビューアのパネルと nDisplay configuration 設定の各部分を説明します。

ファイルのオプション メニュー

file options

オプション

説明

Save

アセットの現在の状態を保存します。

Browse

関連づけられたアセットを参照し、Unreal Editor のコンテンツ ブラウザで選択します。

Import

選択した nDisplay コンフィグ ファイルをビューアにインポートして表示します。

SaveToFile

nDisplay コンフィグ ファイルをJSONに変換し、選択した場所に保存します。

EditConfig

コンフィグ ファイルをテキスト エディタで開きます。

エンジン以外のテキスト エディタで nDisplay コンフィグ ファイルに加えられた変更は、ビューアによって検出されます。ポップアップが表示され、これらの新しい変更をビューアにインポートするかどうかを選択します。

Popup asking to import changes in to the editor

ビューポート

ビューポート はディスプレイのトポロジを表示します。ビューポートで要素を選択すると [Scene] パネルにそれらが強調表示され、[Details] パネルに設定が表示されます。

Screenshot of the viewport with a curved wall

nDisplay Template プロジェクトの「wall_curved_3x2.cfg」ファイルから 3x2 スクリーンで構成されたディスプレイが表示されたビューポート

シーン

コンフィギュレーション ファイルでは、それぞれが 3D 空間でのトランスフォームを表すシーン ノードの階層を定義することができます。ビューアの [Scene] パネルにこの階層が表示されます。ビューポートで要素を選択すると [Details] パネルにそれらの設定が、そして ビューポート にはそれらの 3D 表現が表示されます。シーン ノードと画面に関する詳細は、「Scene Node コンフィギュレーション 」および「Screen コンフィギュレーション 」を参照してください。

Scene panel hierarchy for 3x2 wall

nDisplay Template プロジェクトの「wall_curved_3x2.cfg」ファイルから 3x2 スクリーンで作成されたウォールのシーン階層。

例の中の [Scene] パネルの階層と scr_3_up の設定は、サンプル nDisplay コンフィグ ファイル「wall_curved_3x2.cfg」の次の行にあたります。

[scene_node] id="cave_origin"  loc="X=0,Y=0,Z=0"      rot="P=0,Y=0,R=0"
[scene_node] id="eye_level"    loc="X=0,Y=0,Z=0"      rot="P=0,Y=0,R=0"   parent="cave_origin"
[screen] id="scr_3_up" loc="X=0,Y=0,Z=0" rot="P=0,Y=0,R=0" size="X=0.5,Y=0.3" parent="display_3_up"
[scene_node] id="angle_3"      loc="X=1,Y=0.255,Z=0"  rot="P=0,Y=30,R=0"  parent="eye_level"
[scene_node] id="column_3"     loc="X=0,Y=0.255,Z=0"  rot="P=0,Y=0,R=0"   parent="angle_3"
[scene_node] id="display_3_up" loc="X=0,Y=0,Z=0.155"  rot="P=0,Y=0,R=0"   parent="column_3"

出力マッピング パネル

[Output Mapping (出力マッピング)] パネルには、画面への出力対象と解像度が表示されます。[Cluster (クラスタ)] パネルで要素を選択すると、選択された画面にビューが分離し、[Details] パネルに設定が表示されます。

Screenshot of Output Mapping

nDisplay Template プロジェクトの「wall_curved_3x2_unwrapped.cfg」ファイルから出力された内容の表現。

以下のオプションは [Output Mapping] パネルの左上隅で切り替えることができます。

アイコン

説明

output_mapping_icon1.png

このオプションを有効にすると、解像度や IP アドレスなどのウィンドウ情報が表示されます。

output_mapping_icon2.png

このオプションを有効にすると、ウィンドウの隅の画像が表示されます。

output_mapping_icon3.png

このオプションを有効にすると、ウィンドウの外側のビューポートが表示されます。

output_mapping_icon4.png

パネルビュー サイズに合うように自動的にズームします。

クラスター パネル

Unreal Engine のアプリケーションの各インスタンスは、クラスター ノードのコンフィギュレーションとウィンドウおよびビューポートへの参照が必要になります。[Cluster (クラスター)] パネルはこのノードの関係を表示します。ビューポートで要素を選択すると [Details] パネルに設定が、そして出力マッピングにはそれらの 2D 表現が表示されます。これらのコンフィギュレーションの詳細については、「Cluster Node コンフィギュレーション 」、「Window コンフィギュレーション 」、「Viewport コンフィギュレーション 」を参照してください。

Screenshot of cluster for 3x2 wall

nDisplay Template プロジェクトの「wall_curved_3x2.cfg」ファイルのクラスター ノードの関係。

[Cluster] パネルの階層と**scr_3_up** の設定は、サンプル nDisplay コンフィグ ファイル「`wall_curved_3x2.cfg`」の次の行にあたります。

[cluster_node] id="node_3_up" addr="192.168.1.3" window="wnd_3_up"
[window] id="wnd_3_up" viewports="vp_3_up" fullscreen="false" WinX="0" WinY="0"    ResX="1920" ResY="1080"
[viewport] id="vp_3_up" x="0" y="0" width="1920" height="1080" projection="proj_simple_3_up"

入力パネル

[Input (入力)] パネルには nDisplay システムに入力を提供するデバイスが表示されます。NDisplay の入力の詳細については、「[Input コンフィギュレーション]WorkingWithMedia/nDisplay/Configuration#inputコンフィギュレーション)」を参照してください。

Screenshot of input for 3x2 wall

nDisplay Template プロジェクトの「wall_curved_3x2.cfg」ファイルで指定された入力。

一般パネル

[General (一般)] パネルには、nDisplay クラスタの全体的な動作を制御するパラメータが含まれています。詳細は、「一般的なコンフィギュレーション 」を参照してください。

Screenshot of general settings for 3x2 wal

nDisplay Template プロジェクトの「wall_curved_3x2.cfg」ファイルの一般的な設定。

Select Skin
Light
Dark
Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信