Language:
Page Info
Tags:
Engine Version:

アニメーション シーケンス

アニメーション シーケンス はスケルタルメッシュ上で再生可能な単一のアニメーション アセットです。ボーンの位置、回転、スケーリングを特定の時点で指定するキーフレームを含みます。こうしたキーフレーム間でブレンドしながら順番にキーフレームを再生することで、スケルタルメッシュのボーンをスムーズにアニメートすることができます。

各 Animation Sequence アセットは、特定の スケルトン をターゲットとし、そのスケルトン上でのみ再生可能です。つまり、複数のスケルタルメッシュ間でアニメーションを共有するには、各スケルタル メッシュは同じスケルトン アセットを使用しなければなりません。

アニメーション シーケンスを使用したスケルトンの例は、セクション 1.1 の アニメーション コンテンツ サンプル のページにもあります。

編集

アニメーション エディタ には個々の アニメーション シーケンス アセットをプレビューし、編集する機能があります。圧縮スキームを含むアニメーション シーケンスのプロパティを設定することができます。また Notify (通知) とも呼ばれるアニメーション通知イベントを追加して、カメラ エフェクト、パーティクル エフェクト、サウンドなどをアニメーションに基づいてトリガーすることができます。

詳細は アニメーション シーケンス エディタ をご覧ください。

再生

アニメーション シーケンス の再生はコードから実行できますが、通常は Skeletal Mesh コンポーネントに適用された Animation ブループリントのインスタンス内で処理されます。Animation ブループリントが作成されたスケルトンの全ての アニメーション シーケンス は、 AnimGraph 内でサンプリング可能です。 これらはシーケンスプレイヤー ノードとして配置可能であり、その出力はアニメーション シーケンスをサンプリングすることによって生成されるポーズです。

Animation ブループリント内で、アニメーション シーケンス を使用する手順については、アニメーション シーケンスのユーザーガイド をご覧ください。

通知

アニメーション通知 (AnimNotifies または単に Notifies) は、アニメーション シーケンス の特定ポイントでイベント発生をアニメーション プログラマーが設定できるようにします。通知は、一般的に歩行時や走行時の足音エフェクトの追加、アニメーションの実行、アニメーション中のパーティクル システムのスポーンなどに使用されます。しかし、その他にも使用法がたくさんあります。ゲームの種類に応じたカスタム通知でシステムを拡張することができるからです。

利用可能な様々なタイプの通知に関する説明と使用については、アニメーション通知 をご覧ください。

カーブ

アニメーション カーブ には、アニメーション再生中にマテリアル パラメータまたはモーフターゲットの値を変更する手段があります。このワークフローでは、変更対象のアセットを指定し (マテリアルまたはモーフターゲットのどちらか)、カーブに適切な名前を付けて、アニメーションの持続期間中のキーフレームを調整します。

アニメーション エディタでカーブをセットアップし、適用する方法の説明と用途については、アニメーションのカーブ をご覧ください。

圧縮

Animation Sequence アセットを、アニメーション エディタ で開くと、アセットに圧縮を適用することができます。

これを行うには、メニューバー から アセット を選択します。次に、(以下のように) [Apply Compression(圧縮適用)] を選択します。

ApplyCompression.png

[Apply Compression(圧縮適用)] を選択すると、[Animation Compression (アニメーション圧縮)] ウィンドウが開きます。

AnimationCompressionWindow.png

各オプションには、以下の表のように様々な圧縮方式があります。

圧縮タイプ

説明

Automatic

アニメーション圧縮アルゴリズムで、一連の圧縮スキームを試み、設定可能なエラー閾値内の最小の結果を選ぶシェルです。

Bitwise Compress Only

ビット単位のアニメーション圧縮のみで、キー削減はしません。

Least Destructive

アニメーションを生データに復元し、アニメーション圧縮を元に戻します。

Remove Every Second Key

キーを 1 つおきに削除するキーフレーム削減アルゴリズムです。

Remove Linear Keys

周囲のキーの線形補間となっているキーを削除するキーフレーム削減アルゴリズムです。

Compress each track independently

各トラックに対して個別に最良のビット単位圧縮を選択するとともに、周囲のキーの線形補間となっているキーを削除するキーフレーム削減アルゴリズムです。

Remove Trivial Keys

アニメーション全体にわたり位置や方向が一定な場合、アニメーションの生データからトラックの重要でないフレームを削除します。

アセットの詳細

アニメーション エディタ で Animation Sequence アセットを開く場合、アセットの処理方法を決める [Anim Asset Details (Anim アセットの詳細)] パネル内で調整できるいくつかのプロパティがあります。こうしたプロパティには、再生速度の微調整、ルート モーションの有効化/無効化、メタ データのアセットへの割り当てなどがあり、以下の表で説明します。

AnimAssetDetails.png

アニメーション

Retarget Source

リターゲットする場合、このポーズはアニメーションのベースとして使用されます。

Preview Pose Asset

アセットをプレビューする場合に使用するデフォルトのスケルタルメッシュです。このアセットを使ってアニメーション エディタを開いた場合のみこれが該当します。

Interpolation

キー間の値をどのように計算するかを定義します。

Rate Scale

アニメーションの再生レートをグローバルに微調整する数値です。

Skeleton

モンタージュと関連したスケルトンを格納します。エディタで変更はできません。

Parent Asset

クック中にこのデータは Normal Asset にベイクするために使われます。エディタで変更はできません。

Asset Mapping Table

これは Parent Asset で設定されて、 Asset User Data マッピング テーブルで作業する場合に使用されます。エディタで変更はできません。

Asset User Data

アセットと共に保存されるユーザー定義のデータです。

加算設定

Additive Anim Type

使用する加算アニメーション タイプです。No Additive、 Local Space、 または Mesh Space があります。ローカル空間は加算で、デルタはローカル空間で計算されます。メッシュ空間は加算で、デルタはコンポーネント空間に適用されます。

Base Pose Type

以下のように加算デルタの計算方法を決めます。None (ベースポーズなし)、 Reference Pose (メッシュのデフォルト参照ポーズ)、 Selected Animation Scaled (別のアニメーションを選択し、スケーリング)、 Selected Animation Frame (別のアニメーションを選択し、フレーム番号のみに基づきます)。Base Pose Type は、Additive Anim Type が ローカル空間またはメッシュ空間に設定されている場合に限り利用できます。

圧縮

Compression Scheme

アセットに対して使用された圧縮スキーム名です。

Do Not Override Compression

CompressAnimations コマンドレットの実行時に圧縮スキームを上書きしません。一部の高周波のアニメーションは非常に影響を受けやすいため変更しないでください。

Edit Compression Settings

アニメーションの現在の圧縮設定を見て編集するには、このボタンをクリックします。メニューバー から アセット をクリックして、Apply Compression を選択するのと同じことです。

ルートモーション

Enable Root Motion

オンの場合、 ルートモーション の抽出ができます。

Root Motion Root Lock

ルートモーション抽出時に指定した位置にルート ボーンをロックします。

Force Root Lock

ルートモーションが無効であっても、ルートボーンのロックを強制します。

ルートモーションについては、ネットワーク ゲームでルートモーションをレプリケートする必要があるかなど確認すべき事項がいくつかあります。ルートモーションをレプリケートする必要があれば、Animation Montage を使用する必要があります。 詳細は ルートモーションを有効にする をご覧ください。

インポート設定

Animation Length

インポートするアニメーションの範囲です。Exported Time、Aniamted Time で定義されたもの、または手動で設定した範囲になります。

Source File

インポート中に使ったアセットのソース ファイルにブラウズします。

Import Meshes in Bone Hierarchy

チェックを入れると、ボーン階層にネスティングされたメッシュは、ボーンに変換される代わりにインポートされます。

Frame Import Range

Animation Length で Set Range を使用した場合に用いるフレーム範囲です。

Use Default Sample Rate

すべてのアニメーション カーブを 30 fps にサンプリングします。

Import Custom Attribute

カスタム属性をアニメーション内のカーブとしてインポートします。

Set Material Curve Type

存在するすべてのカスタム属性に対してマテリアル カーブの種類を設定します。

Material Curve Suffixes

後に続く接尾辞でカスタム属性のマテリアル カーブの種類を設定します。これは Set Material Curve Type が true であっても関係ありません。

Remove Redundant Keys

カスタム属性をカーブとしてインポートする場合、不要なキーを除去します。

Delete Existing Morph Target Curves

インポート中にモーフターゲットのカーブがあれば FBX から削除します。

Do not import curves with only 0 values

カスタム属性またはモーフ ターゲットをカーブとしてインポートする場合、この値が 0 ならばインポートしないでください。これは評価する余分なカーブを追加するのを防ぐためのものです。

Preserve Local Transform

アニメーション内のカーブをインポートします。

Transform

Import Translation

FBX から移動データをインポートします。

Import Rotation

FBX から回転データをインポートします。

Import Uniform Scale

FBX から Uniform Scale データをインポートします。

メタデータ

Meta Data

アセットと共に保存可能なメタデータです。このメタデータは Anim Meta Data クラスから派生したブループリントで利用可能なクラスです。カスタムのメタデータを Animation アセットに追加できます (Anim Sequence、 Anim Montage、 Anim Composite、 および Blendspace はすべてサポートされます)。C++ で Animation アセットからこうしたデータをクエリーできます。GetMetaData() メソッドを呼び出すか、Anim Montages で GetSectionMetaData() を使用します。

サムネイル

Orbit Pitch

アセット周囲の軌道カメラのピッチです。

Orbit Yaw

アセット周囲の軌道カメラのヨー (左右回転) です。

Orbit Zoom

アセットから境界の球体の距離のオフセットです。

Tags