Language:
Page Info
Tags:
Engine Version:
The translation of this page is out of date. Please see the English version for the latest version of the page.

グラフ

グラフ とは、ネットワークの実行フローを定義するために相互に接続できるノードのネットワークのことです。グラフは、ブループリントに機能を実装するための基礎となります。 ブループリントのタイプに応じて、各ブループリントは 1 つ以上のグラフを含むことができます。グラフで、ブループリントの特定の側面の実装を定義します。ブループリント内のそれぞれのグラフには、 サブグラフを含むこともできます。サブグラフは、グラフ内の別グラフに折り畳まれたノードの集まりで、主に整理目的です。ユニークなプロパティを持つ特殊化したタイプのグラフもありますが、 参照変数の追加、ノードの追加および接続、そしてデバッグ作業の基本原理は、すべてのタイプで共通です。

グラフの種類

イベント グラフ

eventgraph_topic.png

イベントグラフ は最も一般的なブループリント グラフです。作成されたブループリント クラスにはイベントグラフが 1 つ含まれていますが、さらに追加することができます。イベントグラフを追加していくと ブループリント ネットワークが整理しやすくなります。イベントグラフ には、一般的にブループリントのゲームプレイ ビヘイビアに対するネットワークがあり、イベント と、 カスタム イベント入力 ノードが、イベントグラフを介して実行のフローを開始する役割を果たします。

このコマンドレットに関する詳細は イベント グラフ を参照してください。

コンストラクションスクリプト

コンストラクション スクリプト

コンストラクションスクリプト は、ブループリント クラス固有のものであり、ブループリント クラスごとにコンストラクションスクリプト グラフが 1 つだけ存在します。コンストラクションスクリプトは、ブループリント クラスに対して コンポーネント リスト がセットアップされた後に実行されるため、 ブループリント クラスの初期化に役立ちます。

このコマンドレットに関する詳細は コンストラクション スクリプト を参照してください。

関数

関数

関数 は、ブループリントで他のグラフから実行または呼び出しができる 特定の ブループリント に属しているノードグラフです。関数には、ノードによって指定され、単一の実行出力ピンを含む関数名がつけられた エントリーポイントがあります。関数が別のグラフから呼び出されると、出力実行ピンが有効になり、 接続されたネットワークが実行されます。

関数に関する詳細は 関数 を参照してください。

マクロ

macro_topic_2.png

ブループリン トマクロ または マクロ は、本質的にノードの折り畳まれたグラフと同一です。トンネルノードで指定される エントリーポイントと出口点があります。それぞれのトンネルは、別のブループリントやグラフに使用されるとマクロノード上で可視化できる 実行またはデータピンがいくつもあります。

マクロに関する詳細は マクロ を参照してください。

グラフで作業する

コンストラクション スクリプト、イベントグラフ、関数、またはマクロのいずれの種類でも、グラフはすべて ブループリント エディタのリファレンスグラフ モードで編集します。基本的に、 すべてのグラフには、ワイヤーによって接続されるノードのネットワークが含まれています。

Tags