Language:
Page Info
Tags:
Skill Level:
Engine Version:
The translation of this page is out of date. Please see the English version for the latest version of the page.

物理コンストレイントのリファレンス

このページでは、物理コンストレイントのプロパティのリファレンスを主要カテゴリ別に一覧表示します。

コンストレイント

propConstraint.png

プロパティ

説明

Constraint Actor 1

物理コンストレイント をレベル エディタに配置する場合、拘束する アクタ を指定しなければなりません。これは 2 つある アクタ のうちのひとつです。

Component Name 1

コンストレイントの対象になる、ひとつめのターゲット コンポーネントです。これは、アクタ を使ってアクタのルートではなく、特定のコンポーネントのみを拘束する場合に指定します。

Constraint Actor 2

物理コンストレイント をレベル エディタに配置する場合、拘束する アクタ を指定しなければなりません。これは 2 つある アクタ のうちの 2 つめです。

Component Name 2

コンストレイントの対象になる、 2 つめのターゲット コンポーネントです。これは、アクタ を使って アクタ のルートではなく、特定のコンポーネントのみを拘束する場合に指定します。

Joint Name

Physics Asset Tool で拘束する場合、最初に拘束するボーン名になります。

Constraint Bone 1

Physics Asset Tool で拘束する場合、拘束するひとつめのジョイントの名前になります。

Constraint Bone 2

Physics Asset Tool で拘束する場合、拘束するふたつめのジョイントの名前になります。

コンストレイントのビヘイビア

propProjection.png

プロパティ

説明

Disable Collision

拘束したコンポーネント間のコリジョンを無効にします。

Enable Projection

ボディ間の距離エラーが、 Projection Linear Tolerance 値を超える場合、または回転エラーが Projection Angular Tolerance を超える場合、物理ボディはこれを調整するために投影されます。これにより、個々のチェイン リンクが互いに離れているなどの視覚的なつながりのなさを修正します。

Projection Linear Tolerance

距離エラーがワールド単位でこの値を超えると、ボディが投影されます。

Projection Angular Tolerance

回転エラーがこの値を、度単位で超えるとボディが投影されます。

Linear Limits

propLinearLimits.png

プロパティ

説明

XMotion

X-軸に沿って適用される線形コンストレイントを示します。

タイプ

説明

Free

軸に沿って全く制約がありません。

Limited

軸周囲で自由度が制限されます。こうした制限は、Linear Limit Size プロパティによってすべての軸に対して定義されます。

Locked

軸に沿って完全に制約があります。

YMotion

Y-軸に沿って適用される線形コンストレイントを示します。

タイプ

説明

Free

軸に沿って全く制約がありません。

Limited

軸周囲で自由度が制限されます。こうした制限は、Linear Limit Size プロパティによってすべての軸に対して定義されます。

Locked

軸に沿って完全に制約があります。

ZMotion

Z-軸に沿って適用される線形コンストレイントを示します。

タイプ

説明

Free

軸に沿って全く制約がありません。

Limited

軸周囲で自由度が制限されます。こうした制限は、Linear Limit Size プロパティによってすべての軸に対して定義されます。

Locked

軸に沿って完全に制約があります。

Limit

2 つのジョイントの基準座標系間で認められる距離。

Scale Linear Limits

true の場合、所有するコンポーネントの 3D スケールの絶対最小値を使った linear limit のスケールです。

Advanced

propLinearLimitsADV.png

プロパティ

説明

Soft Constraint

ソフト コンストレイント (スプリング) を使うかどうかを指定します。

Stiffness

ソフト コンストレイントの剛性。ソフト コンストレイントがオンのときのみ使用します。

Damping

ソフト コンストレイントの減衰。

Restitution

コンストレイントに違反した場合の反発量を制御します。

Contact Distance

ジョイントをオンにする前に、どれくらい制限に近づかなければならないかを決めます。

Linear Breakable

ジョイントを線形の力でブレイクすることが可能かどうかを指定します。

Linear Break Threshold

距離のコンストレイントをブレイクするために必要な力です。

Angular Limits

propsAngularLimits.png

プロパティ

説明

Swing 1Motion

Swing1 の制限を使用するかどうかを示します。

タイプ

説明

Free

軸周囲で全く制約がありません。

Limited

軸周囲で自由度が制限されます。各 Angular Motion の制限は、以下の対応する名前が付いた Limit プロパティで個別に制御されます。Swing 1Limit AngleSwing 2Limit Angle、および Twist Limit Angle です。

Locked

軸周囲で完全に制約があります。

Swing 2Motion

Swing2 の制限を使用するかどうかを示します。

タイプ

説明

Free

軸周囲で全く制約がありません。

Limited

軸周囲で自由度が制限されます。各 Angular Motion の制限は、以下の対応する名前が付いた Limit プロパティで個別に制御されます。Swing 1Limit AngleSwing 2Limit Angle、および Twist Limit Angle です。

Locked

軸周囲で完全に制約があります。

Twist Motion

Twist 制限を使用するかどうかを示します。

タイプ

説明

Free

軸周囲で全く制約がありません。

Limited

軸周囲で自由度が制限されます。各 Angular Motion の制限は、以下の対応する名前が付いた Limit プロパティで個別に制御されます。Swing 1Limit AngleSwing 2Limit Angle、および Twist Limit Angle です。

Locked

軸周囲で完全に制約があります。

Swing 1Limit Angle

XY プレーンに沿った動きの角度。

Twist Limit Angle

XZ プレーンに沿った動きの角度。

Swing 2Limit Angle

X-軸に沿ったロール (進行軸回転) の対称角度

Angular Rotation Offset

2 つの座標系間の角度のオフセットを指定します。デフォルトで、この制限は、 (-Angle, +Angle) になります。

Advanced

propsAngularLimitsADV.png

プロパティ

説明

Swing Limits

Soft Constraint

ソフト コンストレイント (スプリング) を使うかどうかを指定します。

Stiffness

ソフト コンストレイントの剛性。ソフト コンストレイントがオンのときのみ使用します。

Damping

ソフト コンストレイントの減衰。

Restitution

コンストレイントに違反した場合の反発量を制御します。

Contact Distance

ジョイントをオンにする前に、どれくらい制限に近づかなければならないかを決めます。

Twist Limits

Soft Constraint

ソフト コンストレイント (スプリング) を使うかどうかを指定します。

Stiffness

ソフト コンストレイントの剛性。ソフト コンストレイントがオンのときのみ使用します。

Damping

ソフト コンストレイントの減衰。

Restitution

コンストレイントに違反した場合の反発量を制御します。

Contact Distance

ジョイントをオンにする前に、どれくらい制限に近づかなければならないかを決めます。

Breakable

Angular Breakable

ジョイントを角度の力でブレイクすることが可能かどうかです。

Angular Break Threshold

ジョイントをブレイクするために必要なトルク (回転力)。

Linear Motor

propLinearMotor.png

プロパティ

説明

Position Target

ひとつ以上の軸上の位置の線形モーターを有効にし、望ましいローカルの位置を設定します。

Strength

望ましい位置に到達するためにどの程度の力を適用するかです。

Velocity Target

ひとつ以上の軸上でベロシティ線形モーターを有効にし、望ましいべロシティを設定します。

Strength

望ましいベロシティに到達するためにどの程度の力を適用するかです。

Advanced

PhysCon_MotorADV.png

プロパティ

説明

Max Force

動きの力の制限です。

Angular Motor

propsAngularMotor.png

プロパティ

説明

Angular Drive Mode

この角度モーターが SLERP (Sphereical Linear Interpolation、球面線形補間) を使うか、Swing Motor と Twist Motor (コーンおよびロール (進行軸回転) のコンストレイント) に分解するかです。角度コンストレイントがひとつでもロックされると SLERP は機能しません。

プロパティ

説明

SLERP

モーターを SLERP (Sphereical Linear Interpolation) モードに設定します。角度コンストレイントの軸がひとつでもロックされると SLERP は機能しません。

Twist and Swing

モーターを [Twist and Swing] (コーンとロール (進行軸回転) のコンストレイント) モードに設定します。

Target Orientation

ボディの基準座標系に相対的なターゲットの方向

Drives

Angular Drive Mode 設定に応じて、モードに対して異なるモーターを有効または無効にすることができます。

Strength

ターゲットの方向に到達するために適用される力

Target Velocity

ボディの基準座標系に相対的なターゲットの角速度

Drives

Angular Drive Mode 設定に応じて、モードに対して異なるモーターを有効または無効にすることができます。

Stength

ターゲットの速度に到達するために適用される力

Advanced

PhysCon_MotorADV.png

プロパティ

説明

Max Force

動きの力の制限です。

Tags