Language:
Page Info
Skill Level:
Engine Version:

2 - ビューポートの遷移

プロジェクトが開くと、まず最初に、アンリアル エディタの真ん中の ビューポート に目が行くでしょう。

TableAndChairs.png

レベル構築のほとんどは、ビューポートで済ますことができます。前のステップで選択したテンプレート プロジェクトに含まれている小さなサンプル レベル とアセットを使って、作業を開始します。 この小さなサンプルを参照しながら、UE4 のビューポートを遷移する一般的なメソッドを使って、ビューポート カメラ コントロール に慣れてください。

標準的な制御

他のキーやボタンを一切使わずにビューポートでクリック&ドラッグした時、これらの制御が デフォルト動作となります。正投影ビューポートをナビゲートするために使われる、唯一の制御でもあります。

制御

アクション

透視図法

LMB + ドラッグ

カメラを前後に移動させ、左右に回転させます。

RMB + ドラッグ

ビューポート カメラを回転させます。

LMB + RMB + ドラッグ

上下に移動させます。

正投影 (上面、前面、側面)

LMB + ドラッグ

マーキー選択ボックスを作成します。

RMB + ドラッグ

ビューポートカメラをパンします。

LMB + RMB + ドラッグ

ビューポートカメラをズームインまたはズームアウトします。

フォーカス

F

選択したオブジェクト上でカメラをフォーカスさせます。これらはカメラの回転 (タンブル) を最大限に活用する際に必要な操作です。

正投影ビュー へ切り替えるには、Perspective ドロップダウンをクリックして、Orthographic ビューモードを選択します。

OrthographicViews.png

WASD キーによる飛行制御

こうしたすべての制御方法は Perspective (透視図法) ビューポートのみで有効です。 デフォルトで WASD ゲームスタイルの制御をするには RMB ボタンを押します。

制御

アクション

W | Numpad8 | Up

カメラを前方へ移動させます。

S | Numpad2 | Down

カメラを後方へ移動させます。

A | Numpad4 | Left

カメラを左へ移動させます。

D | Numpad6 | Right

カメラを右へ移動させます。

E | Numpad9 | Page Up

カメラを上方へ移動させます。

Q | Numpad7 | Page Dn

カメラを下方へ移動させます。

Z | Numpad1

カメラがズームアウトします (FOV (視野角) が上がります)。

C | Numpad3

カメラがズームインします (FOV (視野角) が下がります)。

周回、ドリー、トラック

エディタでは Maya スタイルを使用したパン、軌道、ズームのビューポート制御をサポートしています。Maya に慣れているアーティストは、ツールの使用を簡単に行うことができます。 Maya の基本操作に不慣れな場合は以下の説明を参照してください。

コマンド

説明

Alt + LMB + Drag

単一ピボットまたは注視点周りでビューポートをタンブル (回転) させます。

Alt + RMB + Drag

単一ピボットまたは注視点にカメラを近づけたり離したりドリー (ズーム) させます。

Alt + MMB + ドラッグ

マウスの移動方向に合わせてカメラを上下、左右へ追跡します。

結果

ビューポートの遷移方法を何通りか理解し、レベル内でカメラを自由に移動させる方法が分かったと思います。 レベルの作成中はカメラをかなり大きく移動することになるので、精度が必要となる場合はいつでも他の方法に切り替えてください。

次のステップでは、新規レベル を作成し、サンプル領域を作成または所有して、アセットを追加していきます。