Language:
Page Info
Skill Level:
Engine Version:
The translation of this page is out of date. Please see the English version for the latest version of the page.

4 - レベル内へのアクタの配置

このステップでは空のレベル内に アクタ (ライトやジオメトリなど) を配置していきます。 アクタをレベルに追加する最も一般的な 2 つの方法である、Place モード を用いる方法と、コンテンツ ブラウザ による方法を説明します。 このステップを完了すると、レベルにアクタを配置する方法を理解し、配置したアクタを操作して背景を作成することができます。

ステップ

  1. [Modes] パネルの [Place Mode] を有効にして、BSP カテゴリをクリックして [Box] を選択します。

    ModesPanel.png

  2. 左クリック して Boxレベル ビューポート にドラッグします。

    placeBox.png

    マウスの左ボタン を放すと、Box がレベルに追加されます。

    place2.png

  3. Box はまだ選択したまま、(エディタの右下のウィンドウ) の Details (詳細) パネルで、[Location (位置)][Location (回転)] をすべて 0 に設定します。

  4. Scale4 x 4 x 0.1 に設定します。

    resize_floor.png

    これはプレイヤーが歩き回るフロアとして使用します。

  5. [Modes] パネルで [Lights] タブを選択し、Directional Light をフロアのレベルにドロップ&ドラッグします。

    placeLight.png

  6. Translation ツール で、Z 軸 (青) ギズモをフロアのサーフェスから上方にドラッグします。

    moveLight.png

    指向性ライト が選択されていない場合、レベル ビューポート左クリック すれば再度選択できます。

  7. [Modes] パネルの [Visual Effects] タブを選択し、Atmospheric Fog をレベルへドラッグ&ドロップします。

    placeFog.png

    Atmospheric Fog アクタは基本的な空をレベルに追加し、レベルは暗くならずに明るくなります。

  8. [Modes] パネルの [Basic] から、Player Start iをレベルにドラッグ&ドロップします。

    placeStart.png

  9. [Modes] パネルの [Volume] から、Lightmass Importance Volume をレベルにドラッグ&ドロップします。

    placeVolume.png

    Lightmass Importance Volume を使って、ボリューム内で光源とシャドウイング エフェクトを制御および集中させます。レベルに Lightmass Importance Volume を配置した時、デフォルト サイズのままではボリュームはプレイ可能な領域をカバーしていないので、スケーリングする必要があります。

  10. レベル ビューポートR を押して Scale ツール へ切り替えます。

  11. Scale ツール の中央にある白いボックスをクリックして、Lightmass Importance Volume フロアを取り囲むようにドラッグします。

    scaleVolume.png

  12. コンテンツ ブラウザ[Content] > [StarterContent] > [Props] で、SM_TableRound をレベルにドラッグ&ドロップします。

    placeTable.png

    Move ツール (キーボード ショートカットは W) を使って、テーブルをフロアの中央に置くようにします。

  13. [Content] > [StarterContent] > [Props] からも、SM_Chair をレベルにドラッグ&ドロップします。

    addChair.png

  14. レベル ビューポートSM_Chair を選択した状態で E を押して Rotation ツール にアクセスします。

    Rotate1.png

  15. 軸の円弧を 左クリック し (角度はギズモが更新して表示します)テーブルに向かい合うように椅子を回転させます。

    Rotate2.png

  16. 上記の配置方法を使って、[Modes] パネルコンテンツブラウザ からさらにアクタを追加して小さなシーンを作成します。

    placeThings.png

    ライト、プロップ、壁、屋根を追加してみましょう ([Content] > [StarterContent] > 「Architecture」 フォルダにあります)。

結果

レベルには、[Modes] パネルと [コンテンツ ブラウザ] の両方から幾つか異なるアクタタイプが追加されているはずです。これらのアクタは、Move ツール、Rotate ツール、Scale ツールでも操作できます。最後のステップで配置したアクタによっては、上のような感じになります。

次のセクションでは、レベルに配置したアクタの編集と、アクタのプロパティのカスタマイズ方法を学習します。