Language:
Page Info
Tags:

シーケンサー エディタ

シーケンサー エディタは、UE4 の 2 つあるシネマティックス編集ツールの 1 つです。シーケンサーの前に、シネマティックスをオーサリングする主要手段が マチネ エディタ内で実行されています。 シーケンサーもマチネと同様で、特殊な トラック をいろいろ使ってシーンの構成を定義します。 いくつかのスケルタルメッシュのトラックをシーケンサーに追加します。次に Animation トラックを追加してこれらのスケルタルメッシュをアニメートし、Camera トラックと Camera Cuts トラックを加えてカメラの視点を指定し、カメラ間で循環すると、シネマティック シーケンスの設定の基礎ができます。

このページでは、シーケンサー エディタのさまざまな機能に関するドキュメントへのリンクを紹介します。 シーケンサーを初めて使う場合は [Essentials (基本)] セクションを一読することをお勧めします。ここには、シーケンサー エディタの概要、コンポーネントの詳細を示すエディタ リファレンス、迅速に作業を開始するためのクイックスタートガイド、シーケンサーの各種タスクを手短に説明する操作ガイド、ワークフローのコツが含まれています。

エピックのランチャーの [Learn (ラーニング)] タブから入手できる Sequencer Subway サンプル プロジェクトでは、UE4 のシーケンサー エディタを使って、映画のような品質のシネマティック シーケンスの作成方法を紹介します。

はじめよう

基本

ガイド

オーディオ トラックで作業する 4.15 シーンのフェードイン、フェードアウト 4.12 シーンの速度を調整する 4.12 シネマティックス ビューポートを有効にする 4.12 Burn In を適用する 4.13 Camera Rig Crane から撮影する 4.14 Camera Rig Rail から撮影する 4.12 アニメーションとアニメーションのブレンド 4.15 Cine Camera アクタを使用する 4.12 カメラ カットの作業 4.12 カスタム イベントとカスタム構造体を使用する 4.15 ショットとテイクを作成する 4.12 ゲームプレイからシーケンスをトリガーする 4.12 Material Parameter Collection をアニメートする 4.16 カスタムの Burn In を適用する 4.13 Edit Decision Lists (EDLs) をインポート、エクスポートする 4.13 シーケンサーに記録する 4.14 Spawnables (スポーン可能なもの)を作成する 4.12 Level Visibility (レベルの可視性)トラックを使用する 4.12 サブシーンと合成 4.12 ランタイムに動的オブジェクトをアニメートする 4.15 ブループリントで埋め込んだシーケンサー アニメーションを使用する 4.16

サンプル

Tags