Language:
Page Info
Engine Version:
The translation of this page is out of date. Please see the English version for the latest version of the page.

カーブ エディタ

カーブエディタ では、ディストリビューション を使用したプロパティなど時間の経過とともに変化するプロパティも細かく制御できます。カーブエディタは、現在、マチネ および カスケード パーティクル システム エディタで使用されています。

現在使用しているカーブ エディタは、アンリアル エンジンの他のほとんどのエディタのようなスタンドアロン エディタではありません。他のエディタ内にドッキング可能なペインとして使用されます。そのため、カーブ エディタはマチネやカスケードのエディタウィンドウなどにあるエディタ ウィンドウのインターフェースから開きます。

レイアウト

カーブ エディタ エリアの構成は以下の通りです。

CurveEditor_Interface.png

  1. ツール バー

  2. トラックリスト

  3. グラフ

ツールバー

アイコン

説明

CE_Toolbar_Horizontal.png

グラフを表示トラックに水平に合わせます。

CE_Toolbar_Vertical.png

グラフを表示トラックに垂直に合わせます。

CE_Toolbar_All.png

グラフを現在の表示トラックのすべてのポイントに水平および垂直に合わせます。

CE_Toolbar_Selected.png

グラフを現在表示中のトラックの選択したポイントに水平および垂直方向に合わせます。

CE_Toolbar_Pan.png

カーブ エディタを Pan/Edit モードにします。

CE_Toolbar_Zoom.png

カーブ エディタを Zoom モードにします。

CE_Toolbar_Auto.png

選択キーに対する InterpMode を Auto-curve モードに設定します。接線は最適曲率で回転できますが、オーバーシュートする場合もあります。

CE_Toolbar_AutoClamped.png

選択キーに対する InterpMode を Auto-curve モードに設定します。ロックされたフラット接線です。

CE_Toolbar_User.png

選択キーに対する InterpMode を User Curve モードに設定します。ロックされた、ユーザーが修正した接線です。

CE_Toolbar_Break.png

選択キーに対する InterpMode を Curve Break モードに設定します。イン接線とアウト接線を分けます。

CE_Toolbar_Linear.png

選択キーに対する InterpMode を Linear モードに設定します。

CE_Toolbar_Linear.png

選択キーに対する InterpMode を Constant モードに設定します。

CE_Toolbar_Flatten.png

選択キーの接線を水平方向にフラットに設定します。

CE_Toolbar_Straighten.png

選択キーの接線が折れた時、直線にします。

CE_Toolbar_ShowAll.png

すべてのキーの接線の表示を切り替えます。

CE_Toolbar_Create.png

新規タブを作成します。

CE_Toolbar_Delete.png

現在のタブを削除します。

CE_Toolbar_CurrentTab.png

複数のタブを作成する場合、現在のタブを選択できるようになります。

トラックリスト

tracklist.jpg

トラックリストは現在のタブに読み込まれているカーブ トラックを全て表示します。トラックは通常、マチネのトラック、またはカスケードのモジュールに関連付けられているボタンを押すと、カーブ エディタ外に読み込まれます。

track.jpg

トラックリストの各トラックは、トラックの個々のカーブの表示切替えボタンおよび全体の表示切り替えボタンに加えて、トラックに関連付けられているプロパティ名を表示します。個々のカーブ表示切替えボタンはベクターのコンポーネントに対応して、X は赤、Y は緑、Z は青と色分けされています。赤はスカラー単精度浮動小数点値にも使用されます。VectorUniformDistribution の場合、明るめと暗めの色の 2 種類のカーブになります。

トラックリストのトラック上を 右クリック すると、トラックリストのコンテキスト メニューが表示されます。

Curve_RC_Menu.png

  • Remove Curve - カーブ エディタから現在のトラックを取り除きます。

  • Remove All Curves - カーブ エディタに読み込まれた全てのトラックを全てのタブからクリアします。

グラフ

graph.jpg

グラフは、カーブ エディタのインターフェースの大部分を占めます。グラフは、水平軸の時間 (入力値) と垂直軸のプロパティ値 (出力値) のカーブをグラフィカルに表したものです。カーブに沿ったキーは、選択してカーブを視覚的に編集するために操作する点として表示されます。

グラフで 右クリック するとコンテキスト メニューが表示されます。

Graph_RC_Menu.png

  • Scale All Times - 表示トラックの全ての点の時間値をスケーリングします。水平方向にスケーリングなど。

  • Scale All Values - 表示トラックの全ての点の値をスケーリングします。垂直方向にスケーリングなど。

カーブ上の点を 右クリック すると点のコンテキスト メニューが表示されます。

Key_RC_Menu.png

  • Set Time - 点の時間を手動で設定できます。

  • Set Value - 点の値を手動で設定できます。

  • Delete - 選択した点を削除します。

制御

マウスの操作

Pan/Edit モードの場合は以下の通りです。

左クリック + 背景でドラッグ

ビューをパンします。

マウス スクロール

ズームイン/アウトします。

キー上で左クリック

点を選択します。

点上で Ctrl + 左クリック

点の選択を切り替えます。

カーブ上で Ctrl + 左クリック

クリック位置にキーを追加します。

Ctrl + 左クリック + ドラッグ

現在の選択を移動します。

Ctrl + Alt + 左クリックしてドラッグ

ボックスを選択します。

Ctrl + Alt + Shift + 左クリック + ドラッグ

ボックスを選択します (現在の選択に追加します)。

Zoom モードの場合は以下の通りです。

左クリック + ドラッグ

Y 軸をズームします。

右クリック + ドラッグ

X 軸をズームします。

左クリック + 右クリック + ドラッグ

X 軸と Y 軸をズームします。

キーボードの操作

Pan/Edit モードの場合は以下の通りです。

Delete

選択した点を削除します。

Z

押下中はズームになります。

ホットキー

Ctrl + Z

元に戻す

Ctrl + Y

やり直し

注記: カーブ エディタの中には、元に戻す/やり直しに対応していないツールやアクションもあります。

タブ

カーブ エディタのタブでトラックを整理できます。CE_Toolbar_Create.png ボタンを押すと、簡単にタブを新規作成できます。新規タブにトラックをいくつでも入れて名前を付けることができます。

NewTab.png

複数エミッタで構成されているパーティクル システムを使う場合に便利です。複数の Lifetime モジュールのカーブ データをカーブ エディタに送るのは非常に混乱を招くことがあります。なぜなら、モジュールが選択されているかの色分けや、モジュールの色が違う以外ははっきりとした違いがないからです。

tabs_multiple.jpg

そうならないように、何度もトラックを追加、削除することは、非常に非効率的です。各エミッタ用にタブを作成しておけば、トラックを分けて簡単に特定可能であり、間違ったエミッタのトラックを誤って編集しないようにします。

ChangeTabs.png

補間モード

補間モード ボタンはカーブ上の各点が次の点へ到達するために使用する方法を制御します。カーブ モード ([Auto]、[User]、または [Break]) のいずれかを使用している場合、白いハンドルが表れ、これをクリックおよびドラッグすることで、ポイント間のカーブをより柔軟に操作できます。Auto カーブ モードでキーを選択し、白いハンドルでその接線を調節した場合、自動的に User カーブ モードに移行します。

以下は利用可能な補間モードです。

  • Auto

    Curve_Auto.png

  • Auto Clamped

    Curve_AutoClamped.png

  • User

    Curve_User.png

  • Break

    Curve_Break.png

  • Linear

    Curve_Linear.png

  • Constant

    Curve_Constant.png