Language:
Page Info
Engine Version:
The translation of this page is out of date. Please see the English version for the latest version of the page.

ビューポートの制御

ビューポートでの作業中に、シーンをナビゲート、アクタを選択または操作、表示オプション変更ができる制御が いろいろあります。

このページでは、以下の省略表現が使われます。

制御 省略
左マウスボタン LMB
右マウスボタン RMB
マウスホイール MMB

ナビゲーション制御

エディタのビューポートを様々な方法で移動できます。これは手動で行えます。 全ての操作をマウスだけ、またはキーボードだけ、または 2 つの操作を様々な形で組み合わせて行うことができます。

キーバインディング エディタ で設定可能な制御もあります。ここではデフォルト状態を 一覧表示します。変更を加えると、一致しなくなる場合があります。

標準

他のキーやボタンを一切使わずにビューポートでクリック&ドラッグした時、これらの制御が デフォルト動作となります。正投影ビューポートをナビゲートするために使われる、唯一の制御でもあります。

制御 アクション

透視図法

LMB + ドラッグ カメラを前後に移動させ、左右に回転させます。
RMB + ドラッグ ビューポート カメラを回転させます。
LMB + RMB + ドラッグ 上下に移動させます。

正投影 (上面、前面、側面)

LMB + ドラッグ マーキー選択ボックスを作成します。
RMB + ドラッグ ビューポートカメラをパンします。
LMB + RMB + ドラッグ ビューポートカメラをズームインまたはズームアウトします。

フォーカス

F 選択したオブジェクト上でカメラをフォーカスさせます。これらはカメラの回転 (タンブル) を最大限に活用する際に必要な操作です。

Magic Mouse と Magic Trackpad

Mac の場合は、Magic Mouse に対して [System Preference] -> [Mouse] でセカンダリ クリックを有効にする、また Magic Trackpad の場合は [System Preference] -> [Trackpad] で 2 本指でのセカンダリ クリックを有効にすると、以下の制御が可能になります。

Magic Mouse Magic Trackpad 動作

透視投影

LMB + ドラッグ 1 本指クリック + ドラッグ カメラを前後に移動させ、左右に回転させます。
RMB + ドラッグ 2 本指クリック + ドラッグ ビューポート カメラを回転させます。
1 Finger Touch + Drag 2 本指タッチ + ドラッグ ビューポート カメラを回転させます。

正投影 (上面、前面、側面)

LMB + ドラッグ 1 本指クリック + ドラッグ マーキー選択ボックスを作成します。
RMB + ドラッグ 2 本指クリック + ドラッグ ビューポート カメラをパンさせます。
1 本指タッチ + ドラッグ 2 本指タッチ + ドラッグ ビューポート カメラをパンさせます。

フォーカス

F F 選択したオブジェクト上でカメラをフォーカスさせます。これらはカメラの回転 (タンブル) を最大限に活用する際に必要な操作です。

Game-style

PC のシューターゲームをプレイされる方は、WASD キーで行うビューポートの制御はごく自然な感覚かもしれません。 WASD 移動はデフォルトで有効となっていて、RMB を押すといつでも使用できます。つまり WASD キーで移動中にカメラを回転させるには ここでも RMB ボタンを使用します。

これらの制御は、別のアクセス方法を提供するために矢印キーと数字キーパッドでミラーされます。

こうしたすべての制御方法は Perspective (透視図法) ビューポートのみで有効です。 デフォルトで WASD ゲームスタイルの制御をするには RMB ボタンを押します。

制御 アクション
W | Numpad8 | Up カメラを前方へ移動させます。
S | Numpad2 | Down カメラを後方へ移動させます。
A | Numpad4 | Left カメラを左へ移動させます。
D | Numpad6 | Right カメラを右へ移動させます。
E | Numpad9 | Page Up カメラを上方へ移動させます。
Q | Numpad7 | Page Dn カメラを下方へ移動させます。
Z | Numpad1 カメラがズームアウトします (FOV (視野角) が上がります)。
C | Numpad3 カメラがズームインします (FOV (視野角) が下がります)。

カメラをズームさせるときに RMB を押すと、FOV を一定に保ちデフォルト設定に戻ることを 防ぎます。RMB を放すまで FOV を維持します。

RMB ボタンを押しながら行う WASD キー移動時に、マウスホイールを上に回転させて移動速度を上げたり、 下に回転させて速度を下げることができます。

Magic Mouse または Magic Track の使用中は、 RMB + Mouse Scroll Wheel によるカメラ速度の変更ができません。ビューポートのカメラ速度オプションで速度調節することになります。

パン、軌道、ズーム

エディタでは Maya スタイルを使用したパン、軌道、ズームのビューポート制御をサポートしています。Maya に慣れているアーティストは、ツールの使用を簡単に行うことができます。 Maya の基本操作に不慣れな場合は以下の説明を参照してください。

コマンド 説明
Alt + LMB + Drag 単一ピボットまたは注視点周りでビューポートをタンブル (回転) させます。
Alt + RMB + Drag 単一ピボットまたは注視点にカメラを近づけたり離したりドリー (ズーム) させます。
Alt + MMB + ドラッグ マウスの移動方向に合わせてカメラを上下、左右へ追跡します。

F キーの利用は Maya スタイルの制御に限定されるものではありません。いつでも F キーを押して選択したオブジェクトまたは オブジェクトのグループをフォーカスすることができます。

選択対象

ビューポート内で単にクリックするだけで個別に、または 2D ビューポートの範囲指定を使ってグループでアクタを選択することができます。

LE_SelectedActors.png Select_Marquee.png
単純な選択 範囲指定
制御 アクション

単純な選択

LMB カーソルを合わせたアクタが、現在選択中のアクタと置き換わります。
Ctrl + LMB カーソルを合わせたアクタが、現在選択中のアクタに追加されます。

範囲指定 (2D ビューポート対象)

LMB + ドラッグ 現在選択されているものを、指定枠に含まれるアクタに置き換えます。
Shift + LMB + ドラッグ 指定枠に含まれるアクタを、現在の選択に追加します。
Ctrl + RMB + ドラッグ 指定枠内で選択されているアクタを、現在の選択から削除します。

トランスフォーム制御

これらの制御は、トランスフォーム ツールを使用したビューポート内でのアクタの移動、回転、スケールに関係しています。

LE_Trans_Widget.png Transform_Rotate.png LE_Trans_ScaleWidget.png
移動ツール (W) 回転ツール (E) スケール ツール (R)

ビューポート ツールバーでアクティブになっているツールが分かります。

LE_Trans_WidgetIcons.png

制御 アクション
LMB + ドラッグ (変形ツール上で) アクティブになっている変形ギズモに応じて、選択中のアクタを移動、回転、スケーリングします。
W 移動ツールを選択します。
E 回転ツールを選択します。
R スケーリング ツールを選択します。
V ワールド内の別のジオメトリの頂点をスナップできるように、頂点スナップを切り替えます。
MMB + ドラッグ (ピボット上で) 選択したもののピボットを移動してトランスフォームをオフセットします。

移動ツール制御 (パースペクティブ ビューポート対象)

Ctrl + LMB + ドラッグ X 軸に沿って選択中のアクタを移動させます。
Ctrl + RMB + ドラッグ Y 軸に沿って選択中のアクタを移動させます。
Ctrl + LMB + RMB + Drag Z 軸に沿って選択中のアクタを移動させます。

移動ツール制御 (正投影ビューポート対象)

Ctrl + LMB + ドラッグ 可視の 2 本の軸で定義されたプレーンに沿って選択中のアクタを移動させます。

回転ツール制御 (パースペクティブ ビューポート対象)

Ctrl + LMB + ドラッグ X 軸に沿って選択中のアクタを回転させます。
Ctrl + RMB + ドラッグ Y 軸に沿って選択中のアクタを回転させます。
Ctrl + LMB + RMB + Drag Z 軸に沿って選択中のアクタを回転させます。

スケール ツール制御

Ctrl + LMB + ドラッグ 全ての軸に沿って均一に選択中のアクタをスケーリングします。

移動 / スケール制御 (正投影ビューポート対象)

Ctrl + RMB + ドラッグ 可視の軸に沿って選択中のアクタを回転させます。

表示制御

ビューポートにレベルをどう表示させるかを制御します。

制御 アクション
G Game Mode を切り替えて、インゲームに表示されるものだけをビューポートでレンダリングするようにします。
Ctrl + R アクティブ状態のビューポートでのリアルタイム再生を切り替えます。
F11 イマーシブな (没入型) モードを切り替えて、ビューポートを全画面表示にします。