Language:
Page Info
Engine Version:

ウェブ ブラウザ

この機能はまだ開発途中であり、実験的なものです。そのため、一部の機能は期待通りの動作をしない場合があります。

このページ中:

説明

このウィジェットはウェブ上にあるコンテンツをホストできるインゲームのウェブ ブラウザを表示するために使用します。

WebBrowserWidget.png

Web Browser ウィジェットは、デスクトップ プラットフォームを始め、Android および iOS のモバイル デバイスでもサポートされます。

Devices.png

Chromium はデスクトップ プラットフォームのウェブ ブラウザ ウィジェットに使用しますが、iOS と Android は UMG レイアウトと連携したネイティブ WebKit コントロールを使います。そうすることで、実行ファイルのサイズが最小になり、パフォーマンスがあがります。

Web Browser ウィジェットは、Widget ブループリントまたは Slate コードを使用して C++ で作成することができます。上記のように、現時点では実験的な機能であるため、Edit メニューの Plugins メニューから有効にしてください。Widgets で、Web Browser プラグインの Enabled をクリックして有効にします。

クリックしてフルサイズで表示

有効にすると、[Palette] ウィンドウの Widget ブループリントの Designer タブの Experimental にウィジェットがあるのがわかります。

ExperimentalWidgets.png

詳細

配置した Web Browser ウィジェットの [Details (詳細)] パネルには、ウィジェットに関連して設定可能な以下のようなオプションがあります。

DetailsPanel.png

オプション

説明

Initial URL

ウェブ ブラウザが開く先のデフォルトの URL を入力します。デフォルトの WWW アドレスを指定しなければなりません。そうしないとページがブランク表示されます。

Supports Transparency

ウィジェット ウェブ ブラウザ自体の透過性を有効または無効にします。

関数

グラフ 上の Web Browser ウィジェットには、呼び出すことができるブループリント関数がいくつか公開されています。

WebBrowserFunctions.png

ノード

説明

Get Title Text

呼び出されると、現在表示されているウェブ ページのタイトルを取得し、その値をテキストとして戻します。

Load String

文字列をデータとしてロードし、ダミーの URL リンクでウェブ ページを作成します。

Load URL

呼び出されると、指定した URL をロードします。