Language:
Page Info
Tags:
Skill Level:
Engine Version:
The translation of this page is out of date. Please see the English version for the latest version of the page.

1.Android 開発に必要な設定

ステップ

Android 用の開発でまず最初にすることは、CodeWorks for Android 1R6 のインストールです。 これは、Android デバイスにデプロイするために必要なプログラムとコードが確実にすべてそろいます。 以下のセクションでは、開発用の PC に CodeWorks for Android 1R6 をインストールする方法を説明します。

オペレーション システムを選択してください。

Windows

Mac OS

Linux

CodeWorks for Android 1R6 はインストール済みで環境変数の設定がまだの場合、以下の手順はすべて抜かして、エディタから [Edit Menu (メニューの編集)] -> [Project Settings (プロジェクト設定)] -> [Android SDK] プロパティを使って、エディタをインストール場所に指定してください。

CodeWorks for Android 1R6 のインストール中は、インストールに問題が発生しないように、エディタとランチャーを閉じることをお勧めします。

  1. CodeWorks for Android 1R6 をインストールをするには、[Engine] > [Extras] > [Android] フォルダを開きます。

    CodeWorks for Android 1R6 インストーラを正常に完了するためには、Visual Studio をインストールする必要があります。サポートしているバージョンは、2010、2012、2013 (2015 は対象外) です。

    インストールの種類

    保存場所

    Binary

    [EngineInstallLocation]\Unreal Engine[EngineVersion]\Engine\Extras\Android

    GitHub

    [EngineSyncLocation\UE4\Engine\Extras\Android

    Github から UE4 をダウンロードする場合は、まず次のステップを完了しないと CodeWorks for Android 1R6 インストーラを実行できません。 以下は、UE4 ソースコードを Github からダウンロードした Windows と Mac の入った PC 向けの手順になりますのでご注意ください。 ランチャーからダウンロードしたバイナリ ビルドを使用する場合は、このステップを抜かして CodeWorks for Android 1R6 をすぐにインストールできます。

    1. UE4 を Github からダウンロードして展開したら、Setup.bat ファイルを実行して、必要なファイルおよび CodeWorks for Android 1R6 インストーラをダウンロードします。

    2. Setup.bat の実行が完了したら、以下の手順で CodeWorks for Android 1R6 を実行します。

  2. CodeWorksforAndroid-1R6-windows.exe ファイルをダブルクリックしてインストール処理を開始します。

    AndroidWorks_11.png

  3. 最初のウィンドウの [Next (次へ)] ボタンをクリックすると、インストール処理が始まります。

    AndroidWorks_00.png

  4. [Next] ボタンを押して続行してください。

    AndroidWorks_01.png

  5. CodeWorks for Android 1R6 のダウンロードおよびインストール先を設定したら、[Next] ボタンをクリックします。

    AndroidWorks_02.png

    この設定のままデフォルト位置にしても全く問題ありません。

  6. CodeWorks for Android 1R6 がインストールされていることを確認したら、[Next] ボタンをクリックします。

    AndroidWorks_03.png

  7. ライセンス条件に同意する場合は [Accept All (すべてに同意)] のボックスにチェックを入れて、[Accept] ボタンを押します。

    AndroidWorks_04.png

  8. 新規ウィンドウが開いて、必要な CodeWorks for Android 1R6 ツールのダウンロードおよびインストールの進捗が表示されます。

    インターネットへ接続する必要があります。インターネットの接続速度によって数分、もしくは数時間かかる場合があります。

    AndroidWorks_06.png

  9. [Next] ボタンを押して CodeWorks for Android 1R6 のインストールを続行します。

    AndroidWorks_09.png

  10. [Finish (終了)] ボタンを押してインストールを完了します。

    AndroidWorks_10.png

  11. 最後に [Yes] ボタンを押して、端末を再起動します。

    AndroidWorks_12.png

    UE4 を Github からダウンロードした場合は、CodeWorks for Android 1R6 のインストールが終了した際に、PC あるいは Mac を再起動して環境変数が設定されてから Setup.bat ファイルをもう一度実行して、必要な Android 開発ファイルをダウンロードしてください。

CodeWorks for Android 1R6 はインストール済みで環境変数の設定がまだの場合、以下の手順はすべて抜かして、エディタから [Edit Menu (メニューの編集)] -> [Project Settings (プロジェクト設定)] -> [Android SDK] プロパティを使って、エディタをインストール場所に指定してください。

CodeWorks for Android 1R6 のインストール中は、インストールに問題が発生しないように、エディタとランチャーを閉じることをお勧めします。

CodeWorks for Android 1R6 を Mac にインストールするには、Java 8 が両方インストールされている必要があります。ご確認ください。 以下のリンクから、Java 8 をダウンロードおよびインストールしてください。

  • Java 8 のダウンロードは こちら から行えます。

  1. CodeWorks for Android 1R6 をインストールをするには、[Engine] > [Extras] > [Android] フォルダを開きます。

    インストールの種類

    保存場所

    Binary

    [EngineInstallLocation]\Unreal Engine[EngineVersion]\Engine\Extras\AndroidWorks\Mac

    GitHub

    [EngineSyncLocation\UE4\Engine\Extras\AndroidWorks\Mac

    Github から UE4 をダウンロードする場合は、まず次のステップを完了しないと CodeWorks for Android 1R6 インストーラを実行できません。 以下は、UE4 ソースコードを Githum からダウンロードした Windows と Mac の入った PC 向けの手順になりますのでご注意ください。 ランチャーからダウンロードしたバイナリ ビルドを使用する場合は、このステップを抜かして CodeWorks for Android 1R6 をすぐにインストールできます。

    1. UE4 を Github からダウンロードして展開したら、Setup.command ファイルを実行して、必要なファイルおよび CodeWorks for Android 1R6 インストーラをダウンロードします。

    2. Setup.command の実行が完了したら、以下の手順で CodeWorks for Android 1R6 を実行します。

  2. CodeWorks for Android 1R6-osx.dmg をダブルクリックして、CodeWorks for Android 1R6 インストーラをロードします。

    AndroidWorks_Mac_00.png

  3. CodeWorks for Android 1R6 インストーラ アイコンをダブルクリックしてインストール処理を開始します。

    AndroidWorks_Mac_01.png

  4. [Next (次へ)] をクリックします。

    AndroidWorks_Mac_02.png

  5. [Next (次へ)] をクリックします。

    AndroidWorks_Mac_03.png

  6. CodeWorks for Android 1R6 のインストール先を指定して [Next] ボタンを押します。

    この設定のままデフォルト位置にしても全く問題ありません。

    AndroidWorks_Mac_04.png

  7. Android 1R6 Component Manager が表示されたら、[Next] ボタンを押してダウンロードとインストール処理を開始します。

    AndroidWorks_Mac_05.png

  8. ライセンス条件に同意する場合は [Accept All (すべてに同意)] のボックスにチェックを入れて、[Accept] ボタンを押します。

    AndroidWorks_Mac_06.png

  9. Android 1R6 Component Manager が必要なツールのダウンロードとインストールを開始します。

    インターネットへ接続する必要があります。インターネットの接続速度によって数分、もしくは数時間かかる場合があります。

  10. 必要なすべてのツールのダウンロードおよびインストールが完了すると、以下のウィンドウが表示されます。[Next] ボタンを押して続けます。

    AndroidWorks_Mac_08.png

  11. [Finish (終了)] ボタンを押して、CodeWorks for Android 1R6 のインストールを完了します。

    AndroidWorks_Mac_09.png

    UE4 を Github からダウンロードした場合は、CodeWorks for Android 1R6 のインストールが終了した際に、Mac を再起動して環境変数が設定されてから Setup.command ファイルをもう一度実行して、必要な Android 開発ファイルをダウンロードしてください。

Once CodeWorks for Android 1R6 のインストールが完了したら、以下の操作をして Bash ファイルを編集する必要があります。

  1. Mac Terminal を開きます。

    JH_01.png

  2. Terminal に 「nano ~/.bash_profile」 とタイプします。

    JH_02.png

  3. ファイルの最下部までスクロールし、export JAVA_HOME=/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_121.jdk/Contents/Home を追加します。

    JH_03.png

    上記はデフォルト パスです。別の場所へインストールした場合は、パスが jdk1.8.0_121.jdk/Contents/Home に指定されていることを確認してください。

  4. CTRL + X を押して Bash ファイルを閉じ、Y キーを押して変更を保存してから Enter で変更を確定し、最後に Mac を再起動します。

  5. Mac を再起動したら、Terminal を開いて 「Monitor」 と入力して Enter キーを押します。設定がすべて正常に行われると、Android Device Monitor スプラッシュスクリーンは以下のようになります。

    JH_04.png

アンリアル エンジン (UE4) は CodeWorks for Android という Android ソフトウェア開発キット (SDK) の 特別バージョンです。CodeWorks for Android を使うと、 UE4 で Android プロジェクトを開発するために必要な SDK および Native Development Kit (NDK) の設定を一番簡単に行うことができます。Android SDK の古いバージョン (1R5 より前) をインストールしている場合 (または CodeWorks for Android の古いバージョン) は、 それをアンインストールし、UE4 が配布している CodeWorks for Android インストーラーを使って、 CodeWorks for Android をインストールすることを推奨します。

CodeWorks for Android インストーラは UE4 とセットになっているので、アンリアル エンジンと互換性のある Android SDK が必ずインストールされます。 アンリアル エンジン 4.16 では、CodeWorks for Android 1R6u1 が組み込まれていますので、十分に注意してください。

CodeWorks for Android のインストール手順

Linux で Android を開始する手順を説明するために、アンリアル エンジン 4.14 で CodeWorks for Android 1R5 を使用します。 CodeWorks for Android 1R5 をインストールする前に UE4 を終了してください。また、Java Development Kit 8 (JDK 8) が、Java Development Kit (JDK) の正しいバージョンに設定された JAVA_HOME 環境変数でインストールされていることも確認してください。 JAVA_HOME の設定が正しいか確認するには、ターミナルに echo $JAVA_HOME と入力します。正しい JDK のバージョンが表示されない場合は、JAVA_HOME 環境変数を新しくインストールした JDK に設定されていることを確認しながら download JDK 8 から Linux コンピューターにインストールします。

先へ進む前に、Android Vulkan は Linux ではまだサポートされていないことにご注意ください。

  1. はじめに、Terminal を開き、コンパイルされたエンジンが入っている [UE4Root] フォルダを開きます (cd コマンドを使ってシェル作業ディレクトリを変更します)。

    LinuxAndroid_Step0.png

  2. ターミナルにコマンド cd Engine/Extras/AndroidWorks/Linux を入力して、[UE4Root] フォルダの中から CodeWorks for Android 1R5 バイナリ ファイル (CodeWorksforAndroid-1R5-linux-x64.run) を開きます。

    LinuxAndroid_Step1.png

  3. 次にターミナルに ls -l と入力して、ディレクトリのコンテンツのリストを表示します。

    LinuxAndroid_Step2.png

    CodeWorksforAndroid-1R5-linux-x64.run がまだ実行可能な状態でないことがファイルの許可設定に表示されます。 CodeWorks for android 1R5 binary を実行可能な状態にするには、'execute' が許可されるようにファイルのアクセス権を変更する必要があります。

  4. CodeWorksforAndroid-1R5-linux-x64.run のファイル許可設定を変更するには、ターミナルに chmod +x CodeWorksforAndroid-1R5-linux-x64.run と入力して、通常の実行ファイルのように実行可能にします。

    LinuxAndroid_Step3.png

    chmod コマンドについては、ターミナルに man chmod と入力して chmod の機能についての説明を参照してください。

  5. 次にターミナルに ls -l と入力します。

    LinuxAndroid_Step4.png

    画像の黄色部分のファイル許可設定は、CodeWorks for Android 1R5 バイナリ ファイルが実行可能状態であることを表しています。

  6. CodeWorks for Android バイナリを実行するには、ターミナルに ./CodeWorksforAndroid-1R5-linux-x64.run と入力します。

    LinuxAndroid_Step5.png

    次のステップへ進む前に、コンピューターのインターネット接続が有効になっていることを確認してください。

  7. CodeWorks for Android 1R5 バイナリから NVIDIA CodeWorks for Android インストーラーが解凍されたら、[Installer Welcome] ウィンドウが表示されたら [Next >] または [Cancel] のいずれかをクリックします。

    LinuxAndroid_Step6.png

  8. 最初のウィンドウの [Next >] ボタンをクリックすると、インストール処理が始まります。

    LinuxAndroid_Step7.png

  9. 次に Android Developer's Welcome Window から [Next >] ボタンをクリックしてインストール処理を続けます。

    LinuxAndroid_Step8.png

  10. CodeWorks for Android 1R5 のインストールおよびダウンロード先ディレクトリを指定します。

    LinuxAndroid_Step9.png

  11. [Next >] ボタンをクリックして NVIDIA から CodeWorks for Android 1R5 をダウンロードし、最後にコンピューターに CodeWorks をインストールします。

    LinuxAndroid_Step10.png

  12. [Android Component Manager] ウィンドウの [Next >] ボタンをクリックする前に、 CodeWorks for Android 1R5 がインストールされていることを確認してください。

    LinuxAndroid_Step11.png

  13. [Terms and Conditions] ウィンドウが表示されたら、[Accept All (すべてに同意する)] チェックボックスを選択する前に [Terms and Conditions] にすべて目を通してください。

    LinuxAndroid_Step12.png

  14. 次に [Accept (同意する)] ボタンをクリックしてインストール処理を開始します。

    LinuxAndroid_Step13.png

  15. インストール処理が完了したら、[Next >] ボタンをクリックして次に進みます。

    LinuxAndroid_Step14.png

  16. [Installation Complete (インストール完了)] ウィンドウが開いたら、[Finish] ボタンをクリックしてインストールを終了します。

    LinuxAndroid_Step15.png

  17. 次のステップへ進む前に、コンピュータを必ず再起動してください。

    LinuxAndroid_Note16.png

    Ubuntu の GUI を使わない場合は、ターミナルに sudo reboot と入力してからコンピューターを再起動します。

結果

ダウンロードが完了すれば、必要な Android SDK のインストールはすべて完了し、Android デバイス向けに UE4 プロジェクトのビルドが可能な状態です。

Tags