Language:
Page Info
Engine Version:

デバイス プロファイルの設定

プラットフォーム専用コンフィギュレーションに設定する場合、プロジェクト内に Config/DefaultDeviceProfiles.ini をカスタマイズで作成するのが最適な方法です。デバイス プロファイルには、テクスチャ プール サイズを始めとする沢山のプロパティを設定することができますので、 異なるモバイル デバイスでのスケーリングや PC/Mac のスケーラビリティ設定バケットの処理に推奨します。

[iPhone5 DeviceProfile]
DeviceType=IOS
BaseProfileName=IOS
MeshLODSettings=
TextureLODSettings=
+CVars=r.RenderTargetSwitchWorkaround=1

[iPhone5S DeviceProfile]
DeviceType=IOS
BaseProfileName=IOS
MeshLODSettings=
TextureLODSettings=
+CVars=r.MobileContentScaleFactor=2
+CVars=r.BloomQuality=1
+CVars=r.DepthOfFieldQuality=1
+CVars=r.LightShaftQuality=1

コンフィギュレーション ファイルの設定に関する詳細は、 コンフィギュレーション ファイル ドキュメントを参照してください。

iOS

デバイス プロファイルを使って、iOS デバイス用にゲームの解像度を設定することができます。r.MobileContentScaleFactor プロパティは、デバイスの nominal iOS resolution に相対します。例えば、
Retina iPad の実際の解像度は 2048x1536 ですが名目上は 1024x768 なので、 2.0 を使えばネイティブ解像度が分かります。ネイティブ解像度で実行した場合のパフォーマンス ヒットまでは必要ないけれども、もう少し解像度を上げたい場合は、 小数値を使うこともできます。

[iPad3 DeviceProfile]
+CVars=r.MobileContentScaleFactor=1

[iPad4 DeviceProfile]
+CVars=r.MobileContentScaleFactor=2

[iPadAir DeviceProfile]
+CVars=r.MobileContentScaleFactor=2

iOS デバイスのプロファイルは、 Engine\Config の BaseDeviceProfiles で確認することができます。これらのカテゴリは、デフォルトが iOSDeviceProfileSelector プラグインに設定されている プラグイン システムで設定します。IOS デバイス カテゴリは単にデバイス名です。

Android

Android のデバイス プロファイル カテゴリは階層的になっています (Engine\Config の BaseDeviceProfiles.ini を例に見てください)。これらのカテゴリは、デフォルトが AndroidDeviceProfileSelector プラグインに設定されている プラグイン システムで設定します。