Davis3D: すべてのプロダクトが 50% 割引

HMI デザイン チャレンジ

このプロジェクトは、バーチャルカー インテリア用のバーチャル シーンを作成するための基本的なセットアップを提供します。これにより、デザイナーは素早く HMI デザインのインテリアを作成することができます。コンテストに向けに、応募に必要なビデオを作成するためのシーケンサー シネマティックも提供します。

  • サポートされたプラットフォーム
  • サポートされたエンジンバージョン
    4.27
  • ダウンロードのタイプ
    アセット パック
    この製品には、Unreal Engine アセットを詰め合わせたものが入っています。任意の既存プロジェクトにインポート可能です。

Unreal Engine は、美しいビジュアル、生き生きした動き、エフェクト、インタラクションが充実したリッチで詳細なワールドを構築するために使用されてきました。HMI ではどのような可能性があるでしょうか?


このテンプレート プロジェクトは、創造力を存分に発揮したビジュアル デザイン プロトタイプを制作するための基本的な構成要素を提供します。次世代の HMI がどのようなものであるかを示すビジュアル例を作成することに重点を置いています。このテンプレートは、制作を始めるためのガイドとして作成されましたが、誰もがその枠を超えて取り組むことを推奨します。未来の HMI はどのようなものか、あなたのストーリーを作成してください。


デモシーンには、簡略化された車内の基本的な HMI レイアウトが含まれます。レンダリングするコンテンツを処理する、もしくはコンテンツ表示用のバーチャル スクリーンを作成するためのブループリントのサンプルが含まれています。一対のブループリントはお互いを直接参照し、特定のコンテンツを 1 つのバーチャルスクリーンにリンクします。各レンダー ターゲット アクタのコンテンツは2D と 3D をミックスしたり、独自のアセットやライティング、パースペクティブを使用することができます。コンテンツの内容に決まりはありません!


また、車両の走行データをエミュレートする簡単なブループリントも含まれています。このようなデータは、メーターやビジュアライゼーションなどのリアクティブ アセットを作成する際に参照することができます。


HMI デザイン チャレンジに参加される方は、車内の HMI を録画したビデオファイルを提出することになります。プロジェクトには、ビデオ フレームのエクスポートに使用するシーケンサー ファイルが含まれています。カメラのアニメーションやフレーミングは調整可能ですが、全体の長さは 60 秒以内にする必要があります。


UE 限定コンテンツ - Unreal Engine ベースの製品での使用に限りライセンスされます。

テクニカルノート

機能:

RT_Example Map:

このマップは簡単な概要を提供します。画面構成にはいくつか例があります。 Vehicle Stage Map には、これらのコンセプトが含まれています。


Vehicle Stage Map:

このマップは、シミュレーション画面の HMI の例をいくつか提供します。車両データをシミュレートするためのデータ ストリーム シーケンスとブループリント、そしてこれらに反応するビジュアルが含まれています。


Screen Placer BP:

この BP は、自動車の物理的スクリーンを表現するために 3D空間にバーチャル スクリーンを配置するためのものです。各スクリーン プレーサーは、固有の RT Group ブループリントにリンクしています。


RT Group:

BP_RTGroup は、カメラとレンダリング ターゲットを処理し、対応するスクリーン プレーサーに表示します。カメラとレンダリング設定に影響を与える変数を持っています。


Data Handler BP:

車両データのストリーミングは、このブループリントで処理されます。シーケンサーで参照およびアニメーション化され、他のブループリントに共有されるデータが書き込まれます。


Look At Camera Manager BP:

このブループリントは、実行時にユーザーがカメラアングルを制御できるようにします。デモ シーケンスの最後に表示されます。 カメラと入力は詳細パネルで設定できます。


スタティック メッシュ数: 49

スケルタル メッシュ数: 2

マテリアルとマテリアルインスタンス数: 101

テクスチャ数: 7


サポートされている開発プラットフォーム:

Windows: Yes

Mac: Yes