新しい Twinmotion プロダクトが無料で利用可能になりました

Maya LiveLink

UE4 に LiveLink で接続してアニメーションデータのストリーミングを可能にする Autodesk Maya 向けのプラグイン

  • サポートされたプラットフォーム
  • サポートされたエンジンバージョン
    4.23, 4.26 - 4.27
  • ダウンロードのタイプ
    エンジン プラグイン
    この製品には、コード プラグインが含まれており、ビルド済みのバイナリと Unreal Engine に統合される全ソースコードが完備されています。任意のエンジン バージョンにインストールし、プロジェクト毎に有効化することが可能です。

Maya を UE4 に LiveLink を通じて接続する際に使用できる Maya バージョン 2016 から 2020 向けのプラグインコレクションです。このプラグインによってアニメーションやその他のプロパティデータを Maya から Unreal にストリーミングすることができます。ジョイントベースのキャラクター、プロップ、ライト、カメラがサポートされています。

またこうした LiveLink サブジェクトがどのように Unreal に送信されるかのコントロールも行えます。例えば、カメラからは FOV といったプロパティを送信することも可能ですが、トランスフォームデータのみを送信する設定も可能です。

テクニカルノート

主要な機能:

  • UE4 にデータをストリーミングする Maya で使用する C++ プラグイン
  • Maya シーンのどのサブジェクトをストリーミングするかをコントロールできる Maya 内の UI


インストール方法:

  • 所有している Maya バージョンで Maya のプラグインパスをダウンロードした場所に設定
  • MayaLiveLinkPlugin.mll をロードします
  • MayaLiveLinkUI.py をロードします
  • (任意)Maya 起動時に両方を自動的に読み込まれるようにしたい場合は自動ロードに設定します
  • MEL コマンドウィンドウで MayaLiveLinkUI と入力します


サポートされている開発プラットフォーム:Win64

サポートされるビルド対象のプラットフォーム:Win64

ドキュメント: https://docs.unrealengine.com/ja/AnimatingObjects/SkeletalMeshAnimation/LiveLinkPlugin/ConnectingUnrealEngine4toMayawithLiveLink/index.html