Visual Studio レガシー バージョンのリファレンス ページ

Visual Studio の前のバージョンと Unreal Engine で使用する方法に関する情報です。

Windows
MacOS
Linux

Visual Studio (VS) は、C++ を使って Unreal Engine (UE) プロジェクトで作業するための重要なツールでした。時が経ち、UE と同様に VS も大きくなり、両方のプログラムが進化するにつれて、2 つのプログラムが「うまく動作する」ように調整が必要な場合がありました。このページは、古いバージョンの UE または VS を使用しているユーザー向けにガイドです。2 つのプログラムを一緒にスムーズに実行するための手引きです。

Visual Studio 2017 を使用する

役に立つ情報

  • VS 2017 では、C++ のサポートはオプションのワークロードの一部となっており、デフォルトではインストールされません。

Visual Studio 2015 を使用する

役に立つ情報

  • VS 2015 のソリューションとプロジェクトファイルを生成するように Unreal Engine 4.20 を構成するには、次の手順のいずれかを行います。

    • エディタの [Editor Preferences (エディタの環境設定)] ウィンドウで、優先的に使用するソースコード IDE として VS のバージョンを選択する

    • 「BuildConfiguration.xml」ファイルの関連するセクションを変更する

  • バージョン 4.22 では UE は VS 2015 を サポートしていません

Visual Studio 2013 を使用する

デバッグ サポート

VS はデバッガーの拡張をサポートしており、FName や動的配列といった Unreal の一般的な型を簡単に検査できるビジュアライザを提供します。

Visual Studio 2013 用のUE4 Visualizer をインストールする

UE4.natvis を以下のいずれかの場所にコピーします。

  • [VisualStudioInstallPath]/Common7/Packages/Debugger/Visualizers/UE4.natvis

  • [UserProfile]/My Documents/Visual Studio 2013/Visualizers/UE4.natvis

ファイルを Visual Studio のインストール ディレクトリにコピーするには、管理者権限が必要な場合があります。

役に立つ情報

  • GitHub や Perforce から入手できる UE のオープン ソース バージョンには、VS 2013 が統合されています。これより前のバージョンの VS と統合されている、古いバージョンの UE4 については、このドキュメントでは説明しません。

タグ
Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる