Datasmith で Solidworks を使用する

Datasmith を使用して Solidworks から Unreal Editor にシーンを取り込む際に特に考慮する必要のある事項について説明します。

Windows
MacOS
Linux

このページでは、Datasmith で Solidworks から Unreal Editor にどのようにシーンがインポートされるかについて説明します。このページは、¥Datasmith の概要」と「Datasmith のインポート プロセスについて」で説明されている基本的なプロセスに基づいています。ただし、Solidworks に固有の特別な変換動作がいくつか追加されています。Datasmith を使用して Solidworks から Unreal Editor にシーンをインポートする計画を立てている場合は、このページを読むことによりシーンがどのように変換されるか、また、その結果を Unreal Editor でどのように使用できるかを理解するのに役立ちます。

Solidworks のワークフロー

エクスポートのワークフロー

Datasmith は Solidworks に エクスポート プラグイン ワークフローを使用します。つまり、Datasmith を使用して Unreal Editor に Solidworks コンテンツを取り込むには、次の手順に従う必要があります。

Solidworks 用の Dartsmith プラグイン インストーラーがシステムに複数の Solidworks バージョンを検知し、そのうち最低 1 つのバージョンをサポートしている場合、検知したすべての Solidworks のバージョンに対してエクスポート プラグインをインストールします。エクスポート プラグインは Solidworks 2019 以前のバージョンをサポートしていないことに注意してください。

  1. Solidworks 用プラグインをインストールします。「Solidworks 用の Datasmith エクスポート プラグインをインストールする」を参照してください。

    Epic では、Unreal Engine のすべての新リリースに合わせて Unreal Datasmith Exporter plugin for Solidworks の新バージョンもリリースしています。Unreal Engine を別のバージョンに切り替える場合は、必ず該当するバージョンのプラグインをダウンロードしてインストールしてください。

  2. Solidworks のコンテンツを .udatasmith ファイルにエクスポートします。「Solidworks から Datasmith のコンテンツをエクスポートする」を参照してください。

  3. プロジェクトの [Importers (インポータ)] > [Datasmith Importer (Datasmith インポータ)] プラグインを有効にします (まだインストールされていない場合)。

  4. Unreal Editor のツールバーにある Datasmith インポータを使用して .udatasmith ファイルをインポートします。「Unreal Engine 4 に Datasmith コンテンツをインポートする」を参照してください。

他のタイプの Datasmith のワークフローについては、「Datasmith でサポートされているソフトウェアとファイルの種類」を参照してください。

DirectLink のワークフロー

Unreal Engine で Solidwork シーンに対する変更をリアルタイムでプレビューするには、2 つの間に Datasmith DirectLink をセットアップする必要があります。このようにすると、変更を加えるたびにシーン全体を Unreal Engine に手動で再インポートしなくてもよくなります。

Datasmith DirectLink 機能は、Solidworks 用 Datasmith プラグインのインストール後、[Solidworks] メイン ツールバーの [Unreal] プラグインで使用できます。

Datasmith-Solidworks-Tab.png

詳細は「Datasmith DirectLink」を参照してください。

Solidworks のインポートに関する考慮事項

このセクションでは、Solidworks シーンからオブジェクトをインポートして、Unreal Engine のさまざまな要素に変換する際の考慮事項について説明します。

Solidworks 用 Datasmith では、以下の機能をサポートしています。

  • 製品構造

  • ソリッド ジオメトリ

  • テクスチャとマテリアル

  • 表示状態

  • コンフィギュレーション

  • メタデータ

Datasmith インポータでは現在、以下の Solidworks 機能をサポートしていません。

  • アニメーション

  • ライト

  • カメラ

  • ジオメトリの構築: 点、カーブ、平面

変換されたエンティティ

.udatasmith ファイルを Unreal Engin にインポートする際に、Datasmith によって以下の Solidworks エンティティが Unreal Engine のエンティティに変換されます。

Solidworks

Unreal Engine

サブアセンブリ

アクタ

部品

スタティック メッシュ

部品インスタンス

スタティック メッシュ アクタ

コンフィギュレーション

バリアント

表示ステート

バリアント

外観

マテリアル

Solidworks のデータ ロード モデル

アセンブリ ファイルを開くと、Solidworks ではアクティブなコンポーネントを ライトウェイト または 完全に解除済み としてロードできます。選択したモードに応じて、モデルのデータが Solidworks で利用できる場合もあれば、利用できない場合もあります。

Datasmith を通じて情報のほとんどが転送されるように、完全に解除済み モードでアセンブリを開くことをお勧めします。 詳細については、Solidworks の コンポーネント に関するドキュメントを参照してください。

マテリアルと UV

Solidworks には部品に関連付けられた UV のデータがありません。Unreal Engine とは異なり、Solidworks ではマテリアルごとにマッピング情報を保存しています。データを .udatasmith ファイルにエクスポートする際は、Datasmith エクスポータによって、マテリアル情報を使用して UV がスタティック メッシュにベイクされます。そのため、Solidworks アセンブリで部品が複数回インスタンス化され、各部品インスタンスが異なるマテリアルを使用している場合には、Unreal Engine に複数のスタティック メッシュが作成される可能性があります。

コンフィギュレーションと表示状態

Solidworks モデルに表示状態やコンフィギュレーションがある場合、Datasmith によってレベル バリアント セット アセットが作成される場合があります。このアセットは、変換されたバリアント エンティティを保持します。 詳細については、Solidworks の「コンフィギュレーション」に関するドキュメントを参照してください。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる