Microsoft HoloLens Development

UE を使った Microsoft HoloLens 開発に関する情報です。

Windows
MacOS
Linux

Unreal Engine (UE) は Microsoft HoloLens ヘッドマウント ディスプレイ (HMD) をプロジェクトのプラットフォームとしてサポートしています。このページでは、HoloLens デバイス用にプロジェクトを構成する方法およびその他役立つ情報を説明します。

HMD

デベロッパーは HoloLens 2 向けの開発が可能になりました。ストリーミングやネイティブ デプロイ、フィンガー トラッキング、ジェスチャーの検出、メッシュ、音声入力、空間アンカーのピン留めなど、プラットフォーム固有の機能の API にアクセスできます。また、AR ゲームやエンタープライズ アプリケーションをビルドすることができます。

HoloLens 2

HoloLens Emulator

Microsoft は、物理的な HoloLens デバイスなしでアプリケーションの開発およびテストを行うためのエミュレータを提供しています。詳細は、 Microsoft のドキュメント『HoloLens Emulator』を参照してください。

HoloLens の前提条件

HoloLens デバイスの開発を開始するには以下が必要となります。

  1. 必要なツールをマシンにインストールしてください。必要なツールに関しては、Microsoft のドキュメント で確認してください。

  2. 使用している HoloLens デバイスで Developer モードを有効にします。詳細は、Microsoft のドキュメント で確認してください。

使用を開始する

操作方法

Mixed Reality Toolkit for Unreal

Mixed Reality Toolkit for Unreal は、HoloLens 2 用にイマーシブな Unreal app を簡単に作成するためのプラグイン、サンプル、ドキュメントのセットです。このツールキットのコンポーネントの中には、一般的なイマーシブな UX インタラクション用のコード、ブループリント、アセットを提供する UX Tools for Unreal があります。UX Tools for Unreal をご使用のプロジェクトに追加する方法は、Microsoft の tutorial on creating a simple chess app for HoloLens 2 を参照してください。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる